決算ウォッチ、歴史的な株価調整、ARKのパフォーマンス 決算ウォッチ、歴史的な株価調整、ARKのパフォーマンス 決算ウォッチ、歴史的な株価調整、ARKのパフォーマンス

決算ウォッチ、歴史的な株価調整、ARKのパフォーマンス

株式 12 minutes to read
PG
ピーター・ガンリュー

株式戦略責任者

サマリー:  今回の記事では、4月18日からの週の最も重要な決算発表と、それが重要である理由を説明します。第1四半期決算の最大の注目点は、原材料価格と物流コストの高騰、そして最近の賃金上昇の中で圧迫されてきた利益率の動向です。また、コモディティと比べた株価の動きにも注目します。コモディティに対する株価は既に高値から28%下落しており、2008年7月以来最も大幅な株価調整の動きとなっています。さらに、キャシー・ウッド氏が最近、ARK Innovation ETFの過大なリターン予想を打ち上げたことから、このファンドについても取り上げ、Nasdaq 100と比べたパフォーマンスを見ていきます。


重要な決算発表ウィーク

4月11日からの週に決算発表シーズンがスタートし、米国の金融機関の決算が発表されましたが、業績は強弱まちまちでした。JPMorgan Chaseの決算では、予想外にクレジット供与が急増し、クレジットサイクルが転換した可能性が高いことが示されました。18日からの一週間には、以下のような最も重要な決算発表が目白押しです。

  • 火曜日: Shenzhen Mindray Bio-Medical, Johnson & Johnson, Netflix, Lockheed Martin, IBM, Halliburton

  • 水曜日: China Mobile, China Telecom, ASML, Heineken, ASM International, Sandvik, Tesla, Procter & Gamble, Abbott Laboratories, Anthem, CSX, Lam Research, Kinder Morgan, Baker Hughes

  • 木曜日: Contemporary Amperex Technology (CATL), Sartorius Stedim Biotech, Nidec, Investor AB, ABB, Danaher, NextEra Energy, Philip Morris, Union Pacific, AT&T, Blackstone, Intuitive Surgical, Freeport-McMoRan, Snap, Dow, Nucor

第1四半期の決算発表シーズンに注目すべき主要なテーマは、繰り越されてきた純利益率の動向です。MSCI WorldとS&P 500の速報値では、投入コストが上昇する中で、利益率が低下し続けていることが示されています。もしNasdaq 100が高い純利益率を長期的に維持することができ、現在のコモディティと賃金のインフレサイクル中の利益率の圧縮も少なければ、この株式グループでは、PERが上昇する可能性があります。

最も重要な決算発表とその理由:

  • Netflix - テクノロジー企業の中で最初の決算発表となります。競争環境が一段と激化し、加入者数の伸びは鈍化しています。Netflixは第1四半期の新規加入者数が250万人になるとの見通しを示してきましたが、これはパンデミック以前の第1四半期の水準を大きく下回っています。2022年には、ロシアでのサービス停止でさらに逆風が強まる見込みです。

  • Halliburton  米国のプレマーケット中に既に決算を発表し、売上高とEPSが予想を上回ったことを明らかにしました。欧米がロシアのエネルギーへの依存から脱することを目指すのに伴い、理論上は石油・ガス掘削分野は今後拡大する見通しであり、世界最大の石油・ガスサービス企業であるHalliburtonは、すぐにこの需要増加の影響を受けるはずです。

  • ASML – 半導体のサプライチェーンは、様々な業界からの過剰な需要のために、依然として滞っています。また、米国および欧州では、ウクライナでの戦争後に地政学的リスクとなった台湾への依存度を低下させることを目指し、国内の半導体製造への投資が急速に拡大しています。

  • Tesla – 世界最大の電気自動車専業メーカーである同社は、この週の最も重要な決算発表ですが、多くの懸念材料があります。中国のロックダウンや世界的な自動車部品の不足により生産は制限されています。RivianのCEOは最近、電気自動車メーカーが間もなく劇的なバッテリー不足に直面するとの見方を示しました。リチウムとアルミニウムの価格高騰により、Teslaはこのところ何度も値上げを余儀なくされており、これが需要にどの程度影響を及ぼしたかが問題となります。

  • CATL – 世界最大のバッテリーメーカーであり、Teslaおよび中国の電気自動車メーカーへの主要な供給元です。同社は2021年通年の業績を発表しますが、最も注目すべきなのは2022年の業績見通しです。アナリストは2022年の売上高を88%増と予想しています。中国でのロックダウンを踏まえ、同社の決算発表で、電気自動車の重要なサプライチェーンの動向を垣間見ることもできると期待されます。 

  • ABB - 欧州最大の産業用オートメーション企業の一つです。同社の決算は、欧州の産業セクターの需要動向や、エネルギーと原材料の価格高騰が生産に及ぼしている影響に関する判断材料になります。

  • NextEra Energy – グリーントランスフォーメーション銘柄である同社は最近、急騰しました。ウクライナでの戦争後、欧米諸国が再生可能エネルギーの生産拡大を含め、エネルギー面でのロシアからの自立を目指していることを背景に、投資家がこれらの銘柄に再び注目するようになったからです。

  • Snap – ソーシャルメディアの決算発表シーズンの皮切りとなります。前四半期には、同社は予想を上回る業績を達成し、成長力の点で明らかな勝ち組となりました。今回も再びそうなるのでしょうか?


コモディティに対する株価は14年ぶりの大幅下落

株価は常に上昇するものだ、と言われてきました。実際、株式は長期的にはプラスとなる傾向が最も大きい資産クラスです。しかし、世界経済にインフレが広がる中、当社のリサーチ記事で説明してきた多くの理由から、株式市場の状況は変わりつつあります。株式は、成長性、生産性、確信性を価格に織り込む名目資産クラスです。一般に名目上の株価の軌道は上向きであり、これが破られるのは時々起こる景気後退期だけです。しかし、インフレ率が高いならば、投資家として現実的に考えるべきなのは実質ベースの株価だということです。コモディティとインフレ率が通常通り動いている時は、名目ベースと実質ベースについて議論するべき理由はありませんが、今はその議論が非常に重要な時です。コモディティに対する株価の調整がこれほど大幅になったのは、2008年7月以来のことです。過去12ヶ月間で世界株式はコモディティに対して26%下落し、2020年11月に付けた相対トータルリターン指数の高値からは28%下落しています。コモディティと株式には一般に正の相関がありますが、最近はこの相関がゼロに近づいており、株式にとってコモディティが優れた分散資産になっていることを示しています。投資家は、ポートフォリオを構築する際、この点を考慮すべきだと思われます。

ARK InnovationのパフォーマンスはNasdaq 100以下

Ark Investの創業者兼CEOのキャシー・ウッド氏は最近、ARK Innovation ETFファンドを強化し、今後5年間で年率50%のリターンを見込んでいると話しました。別のインタビューでは、ARK Innovationファンドは5年間にわたりアウトパフォームしたと同氏は述べています。これは事実ですが、期間に関してはいいとこ取りの発言です。我々は通常、ファンドマネージャーについてコメントすることはありませんが、Saxoにはキャシー・ウッド氏のファンドに投資したお客様が多いので、我々にはそのような高い期待に応える義務があると感じています。

年換算で50%ものリターンは過去に例を見ない数値であり、それが実現すれば、最高の幸運か真の天才かというほどの大変な異常値であることに注意すべきです。2014年の設定以来、ARK Innovation ETFの年換算リターンは16.8%となっています。破壊的な革新が加速することに言及したことを除けば、リターンが突然、これまでの3倍になる理由については、現実的な根拠は一切ないのです。革新の加速がどのように測定されるのかを議論しようとする人もいません。また、ARK Innovation ETFの設定来のパフォーマンスは、Nasdaq 100に連動する低コストのETFを年率で1.8ポイント下回っていることにも注意が必要です。言い換えると、アルファもアウトパフォーマンスもなく、リスク調整後では尚更だということです。

Source: Bloomberg

口座開設は無料。オンラインで簡単にお申し込みいただけます。 

最短3分で入力完了!

【ご留意事項】

■当資料は、いずれも情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■当資料は、作成時点において執筆者またはサクソバンク証券(以下「当社」)が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者または当社はその正確性、完全性等を保証するものではありません。当資料の利用により生じた損害についても、執筆者または当社は責任を負いません。 
■当資料で示される意見は執筆者によるものであり、当社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。 
■当資料に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。 
■当資料の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。
■上記のほか、当資料の閲覧・ご利用に関する「免責事項」をご確認ください。 
■当社が提供するデリバティブ取引は、為替相場、有価証券の価格や指数、貴金属その他の商品相場または金利等の変動によって損失を生じるおそれがあります。また、お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は、預託された証拠金の額を上回る恐れがあります。
■当社が提供する外国証券取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。 
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。 
■当社でのお取引にかかるリスクやコスト等については、こちらも必ずご確認ください。

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Toranomon Kotohira Tower 22F
1-2-8 Toranomon Minato-ku Tokyo 105- 0001
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー 22F

お問い合わせ

国・地域を選択

日本
日本

【重要事項及びリスク開示】

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会