決算レビュー: アップル、アマゾン、メタ - Earnings review: Apple, Amazon, and Meta 決算レビュー: アップル、アマゾン、メタ - Earnings review: Apple, Amazon, and Meta 決算レビュー: アップル、アマゾン、メタ - Earnings review: Apple, Amazon, and Meta

決算レビュー: アップル、アマゾン、メタ - Earnings review: Apple, Amazon, and Meta

株式 5 minutes to read
PG
ピーター・ガンリュー

株式戦略責任者(Saxo Group)

サマリー:  テック大手は2023年を好調に締めくくり、アップルによる慎重な見通しが示されたものの、全体的に堅調な成長と収益性を示しました。アマゾンはコスト削減とクラウド事業の成功で復活し、メタは好調な業績、初の配当、強気なガイダンスで最大の勝者となりました。個別の課題はあるものの、テクノロジーセクターは勢いを持って2024年に入り、持続可能な成長に重点を置いています。


※本レポート内日本語は、ご参考情報として原文(英語)を機械翻訳したものです。

好調な業績で2023年を終えたテクノロジー企業

重要な決算発表ウィークがほぼ終了し、第4四半期の業績は、成長見通し良好で収益性も向上しているという全体像が変わっていないと結論づけることができます。一部のテクノロジー企業 (アルファベット、アップルなど) は投資家を失望させましたが、テクノロジー企業全体の業績は「使命達成」と言えるでしょう。売上高は順調に伸びており、コスト重視により収益性が改善しています。著名投資会社であるセコイア・キャピタルはシリコンバレーを回り、「重要な局面」と「収益性に注力」しなければ淘汰されると有名なプレゼンテーションを行いました。テクノロジー企業は耳を傾け、多くが収益性重視の恩恵を受けています。下のチャートにあるように、ナスダック100の営業利益は過去最高を更新しており、テクノロジー株の上昇を裏付けています。アップル、アマゾン、メタは1日(木)に決算を発表しました。以下では主な要点を説明します。


アップルのガイダンス、保守的な姿勢

アップルは2024年第1四半期(2023年12月31日終了)の業績で、売上高とEPSともに予想を上回りました。中国だけが失望させる結果となりました。第1四半期の売上高は1,196億ドル(予想:1,180億ドル)、EPSは2.18ドル(予想:2.11ドル)でした。しかし、投資家は、経営陣が現在の四半期のiPhone売上高を前年比横ばいとするガイダンスを示したことに満足していません。

我々の見方では、アップルは中国経済の先行きとiPhoneのアップグレードサイクルのペースについての見通しが低いため、保守的にガイダンスを出していると考えられます。以下のiPhoneとサービスの収益チャートからもわかるように、iPhone事業は非常に変動性が高く(オレンジ色はアップル自身のガイダンス)、サービス部門は安定した成長を見せています。AppleがVision Pro AR/VRヘッドセットで新しいプラットフォーム体験を再発明しない限り、ハードウェア事業は、より高い利益率を持つサービス部門と比較して、利益への貢献度が徐々に低下していくでしょう。これは、Amazonにおける、収益性の高い事業部門であるAWSが、企業評価にとって最も重要なセグメントとして台頭してきたケースに似ています。

アマゾンの利益はコスト削減で拡大

アマゾンはパンデミック時にEコマース事業の長期的な見通しを読み誤り、過剰な支出をしていました。しかし、1年間のコスト削減に注力した結果、Eコマースとクラウドの巨人であるアマゾンは復活し、2023年の営業利益率は過去最高を更新し、売上高も第4四半期で前年比13.9%増と回復しました。アメリカのホリデーショッピングが予想以上に好調だったことも要因です。第4四半期の売上高は1700億ドル(予想:1662億ドル)、EPSは1.00ドル(予想:0.78ドル)でした。第1四半期の売上高ガイダンスはコンセンサス予想を下回ったものの、アマゾンのコスト重視が株主にとって実を結んでいることから、投資家からは好意的に受け止められました。第1四半期の見通しも、景気後退の兆候はまだ見られず、引き続き10%以上の売上高増を示唆しています。

メタは第4四半期のテクノロジー業界の勝者

メタの株価は時間外取引で14%上昇し、第4四半期の決算シーズンで最高の業績となりました。第4四半期の売上高は401億ドル(予想:390億ドル)、EPSは5.33ドル(予想:4.91ドル)となり、従業員削減により、メタは営業利益率を拡大しました。ソーシャルメディア企業であるメタは、初となる1株あたり0.50ドルの四半期配当も発表しており、配当利回りは約0.5%となっています。しかし、メタの株価が今日の取引で過去最高値を更新し、株価の大きな反応があったのは、第1四半期の売上高ガイダンスが345-370億ドル(予想:336億ドル)と、オンライン広告業界が強い需要を見せていることを示唆したからです。これは、企業が将来の需要に自信を持っていることを示唆するもう一つの重要なマクロ指標です。メタは新たに発表された配当に加え、自社株買い戻しプログラムも500億ドル増額させています。

株式に関する最近のニュース


Summary:  Tech giants ended 2023 strong, confirming solid growth and profitability despite some cautious notes from Apple. Amazon bounced back with cost-cutting and cloud success, while Meta emerged as the big winner with strong earnings, first-ever dividend, and bullish guidance. Overall, tech enters 2024 with momentum and a focus on sustainable growth, despite individual challenges.


Job done as technology companies leave 2023 behind on a high

With the most important earnings week almost done we can definitely conclude that Q4 earnings have not changed the overall picture that growth is looking good and profitability has increased. While some technology companies disappointed investors such as Alphabet and Apple (more on that below) the overall bird’s view of technology earnings is that it is job done. Revenue growth is looking good and profitability has improved due cost focus. Sequoia Capital toured Silicon Valley with its famous presentation about a “crucial moment” and “focus on profitability” or face extinction. Technology companies listened and many are benefitting from their focus on profitability. As the chart below shows, Nasdaq 100 operating earnings have soared to a new all-time high supporting the strong rally we have seen in technology stocks. Apple, Amazon, and Meta reported earnings last night and below we go through the key takeaways.

Apple is playing conservative on guidance

Apple beat on both revenue and EPS in its FY24 Q1 results (ending 31 Dec) with only China disappointing in the quarter. FY24 Q1 revenue was $119.6bn vs est. $118bn and EPS was $2.18 vs est. $2.11. Nevertheless, investors were not pleased with the results as management’s guidance on iPhone revenue to be flat in the current quarter compared to a year ago. In our view, Apple is play it conservatively as they have low visibility on the Chinese economy and the pace of the upgrade cycle on its iPhones. As the charts below show on iPhone and Services revenue, the iPhone business is quite volatile (orange colour indicates Apple’s own guidance) while the Services segment offers stable growth. Unless Apple reinvents a new platform experience with its Vision Pro AR/VR headset then the hardware business will over time mean less and less for profits compared to the Services segment that has a higher profit margin. It similar to Amazon where the more profitable business unit AWS over time took over as the most important segment for its valuation.

Amazon profits expand on cost cuts

Amazon overspent during the pandemic mis-reading the long-term in its e-commerce business. After a year of focus on costs the e-commerce and cloud giant has got its mojo back with its operating margin expanding to a new all-time high in 2023 and revenue growth has also come back ending Q4 at 13.9% y/y as the US holiday shopping proved better than expected. Q4 revenue was $170bn vs est. $166.2bn and EPS was $1.00 vs est. $0.78. Despite a Q1 revenue guidance below consensus estimates investors are cheering as Amazon’s cost focus is paying off for shareholders. The Q1 outlook is also confirming another quarter of more than 10% revenue growth suggesting the economy is not showing recession signs just yet.

Meta is the big technology winner in Q4

Meta shares rose 14% in extended trading making it the best major technology stock in the Q4 earnings season. Q4 revenue was $40.1bn vs est. $39bn and EPS was $5.33 vs est. $4.91 as the employees reduction helped Meta expand their operating margin. The social media company is also announcing its first quarterly dividend of $0.50 per share translating into a dividend yield of around 0.5%. But the big positive share price reaction pushing Meta shares to a new all-time high in today’s session is because of the company’s Q1 revenue guidance of $34.5-37bn vs est. $33.6bn indicating that the online advertising industry is seeing a strong demand. This is another important macro indicator suggesting companies have hive confidence in future demand. In addition to the newly declared dividend, Meta is also boosting its buyback programme by $50bn.

口座開設は無料。オンラインで簡単にお申し込みいただけます。 

最短3分で入力完了!

【ご留意事項】

■当資料は、サクソバンクグループのアナリストによるマーケット分析レポートの転載、もしくは外部のアナリストからの寄稿となっております。
■当資料は、いずれも情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■当資料は、作成時点において執筆者またはサクソバンク証券(以下「当社」)が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者または当社はその正確性、完全性等を保証するものではありません。当資料の利用により生じた損害についても、執筆者または当社は責任を負いません。 
■当資料で示される意見は執筆者によるものであり、当社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。 
■当資料に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。 
■当資料の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。
■上記のほか、当資料の閲覧・ご利用に関する「免責事項」をご確認ください。 
■当社が提供するデリバティブ取引は、為替相場、有価証券の価格や指数、貴金属その他の商品相場または金利等の変動によって損失を生じるおそれがあります。また、お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は、預託された証拠金の額を上回る恐れがあります。
■当社が提供する外国証券取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。 
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。 
■当社でのお取引にかかるリスクやコスト等については、 こちらも必ずご確認ください。

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Izumi Garden Tower 36F
1-6-1 Roppongi Minato-ku
Tokyo 106-6036
〒106-6036 東京都港区六本木1-6-1
泉ガーデンタワー36F

お問い合わせ

国・地域を選択

日本
日本

【重要事項及びリスク開示】

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。また、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。
■外国株式・指数オプション取引は、対象とする有価証券の市場価格や対象となる指数、あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動、指数の数値等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする有価証券の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式・指数オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式・指数オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式・指数オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。さらにこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式・指数オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時は銘柄の流動性や価格変動性あるいは法令等若しくは当社が加入する自主規制団体の規則等に基づいて当社が決定し、必要に応じて変更します。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。
■取引にあたっては、契約締結前交付書面(取引説明書)および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会
手数料:各商品の取引手数料についてはサクソバンク証券ウェブサイトの「取引手数料」ページや、契約締結前交付書面(取引説明書)、取引約款等をご確認ください。