グローバル・マーケット概況:アジア市場(2023年3月15日) グローバル・マーケット概況:アジア市場(2023年3月15日) グローバル・マーケット概況:アジア市場(2023年3月15日)

グローバル・マーケット概況:アジア市場(2023年3月15日)

概況
APAC Research

サマリー:  米国株式市場では規制当局の救済措置を受けて銀行株の売りが一服し、S&P 500指数は2.3%上昇して取引を終えました。米2月CPIは概ね予想通りの内容となったものの、コア指数は若干予想を上振れました。金利先物市場が織り込む来週のFOMCでの利上げ幅は足元0.25%に縮小しています。また、これまで大きく低下していた米2年国債の利回りは反転し、4.25%に上昇しました。


主な市場の動き

Rich Text Editor

銀行株が幾分持ち直す中、米国株式市場は反発

昨日の米株式市場は反発し、ナスダック100指数は前日比2.3%高の12,199、S&P500指数は同1.7%高の3,920と、それぞれ上昇して取引を終えました。米金融当局の救済措置を支えにS&P500指数は目先で4,020~4,030近辺まで反発する可能性もありますが、全体的なトレンドとしては下落基調を辿るものと予想されます。債券市場は幾分落ち着きを取り戻したものの、規制当局が地銀に影響が波及することを食い止めることができるか否か、今後の動向を注視する必要があります。

KBW銀行株指数は、日中の取引時間に6.6%まで上昇した後、3.2%高で取引を終えました。S&P地方銀行セレクト・インダストリー・インデックスは2.3%上昇したものの、取引直後の10.2%上昇の大部分が巻き戻される格好となりました。

1万人の追加削減を発表したMeta(META:xnas)は、前日比7.3%高と急伸したほか、一部の部門の賞与削減と採用凍結対象を拡大したアップル(AAPL:xnas)も同1.3%上昇しました。一方、第1四半期の業績について赤字の見通しを示したUnited Airlines (UAL:xnas)は、前日比5.4%安と大幅な下落に見舞われました。

米国債市場の大幅なラリーは後退し、米2年国債利回りは4.25%、米10年国債利回りは3.69%に上昇

米国の地方銀行の株価が反発する中、ここ数日間で急速に拡大したクレジットスプレッドは足元で縮小し、米2月CPIのコア指数は前月比+0.45%とコンセンサス予想の0.4%を若干上振れました。こうした中、13日に急激に低下した米国債利回りは反転に向かい、米2年国債利回りは27bps上昇の4.25%、米10年国債利回りは12bps上昇の3.69%と、それぞれ上昇して取引を終えました。

黒海上空でロシア軍戦闘機と米軍の無人航空機の衝突事故や、プーチン大統領がノルドストリームの爆発事故に関連し、現場付近で爆破装置を発見したと主張したとの報道を受けて米国債に一部大きな買いが入りましたが、こうした動きは引けにかけて弱まりました。なお、金利先物市場が織り込む利上げ幅は縮小しており、FRBが利上げを一時停止する前に来週のFOMCで25bp利上げに動く確率が再び高まっています。

ハンセン指数は前日比2.3%安と反落 金融や不動産株が下げを主導

金融や不動産株の下落が重しとなり、ハンセン指数は2.3%安と大きく下落しました。米国での地銀を巡る信用不安が波及したことが一因となり、HSBC(00005:xhkg)は前日比4.7%安、Standard Chartered Bank (02888:xhkg)は同7.2%安と金融株の下げを主導しました。その他にも、保険会社のAIA(01299:xhkg)は同4.4%安、Prudential (02378:xhkg)は同6.3%安と失速し、いずれも下落して取引を終えました。

中国の不動産関連銘柄は、Country Garden Services (06098:xhkg)とLongfor (00960)がいずれも5%以上下落し、ハンセン指数の構成銘柄の寄与度下位2銘柄となりました。また、ハンセンテック指数は2.6%下落し、主に電気自動車関連の銘柄が前日比2%~7%安と、全体の下げを主導しました。

一方、この流れに逆らい半導体関連銘柄は大きく上昇し、半導体大手のSMIC (00981:xhkg) は前日比7%高と大きく上昇し、構成銘柄の寄与度で首位となりました。また、A株の半導体銘柄も上昇しました。CSI300指数は反落したものの、ハンセン指数をアウトパフォームし、0.6%安と小幅な下落にとどまりました。

為替:米ドルは足場固め;スウェーデン中銀のタカ派傾斜でSEKは上昇;安全通貨は下落

2月の消費者物価指数(CPI)が強い内容となったほか、米銀の連鎖破綻が回避されSVB危機を巡る信用不安が目先で後退したことが、米ドルの支援材料となりました。その結果、米ドル以外の安全通貨はこれまでの上昇分を一部吐き出しました。ドル/円は、米CPI発表後に再び134.50を上回る一方、米ドル/CHFは一時0.9160近辺を付けました。日銀は1月の金融政策決定会合の議事録で金融緩和の必要性を改めて強調し、政策修正の可能性を否定した一方で、スウェーデン中銀が15日公表のCPIを前にタカ派的な発言をしたことを受けて、SEKは他の通貨をアウトパフォームしました。テデーン総裁は「インフレ率は依然高すぎる」とし、「金融政策を通じて妥当な期間内に目標の2%に戻す必要がある」と繰り返し主張し、データ次第で4月に0.25%か0.5%の利上げを行う可能性が高いとの見通しを示しました。

原油価格は上昇も、3カ月ぶりの安値水準に

リスクオンの流れが広がる中で、原油0.5%上昇し71.81ドルで取引を終えたものの、節目となる80ドルを引き続き下回って推移しています。今後一段の下落に向かえばOPECプラスが減産に動く可能性もありますが、今後は中国やインドなどの非OECD諸国の需要拡大が見込まれることもあり、OPEC+は現在の生産量を維持する公算が大きいと考えられます。一方、エストニア、リトアニア、ポーランドは、ロシア産原油の価格上限を51.45ドルに引き下げるよう要請しました。先月、IEAは2023年の石油需要は前年比日量200万バレル増加するとの見通しを示しましたが、15日公表の報告書での最新の見通しが待たれます。


主なポイント

米国のCPIは鈍化の兆候を示すも、インフレは根強く見通しは依然不透明

2月の米消費者物価指数(CPI)の総合指数は事前予想に沿った前月比0.4%の上昇にとどまり、全体的な物価が減速傾向にあることを示唆したほか、前年同月比の上昇率も6.0%と前月から大きく低下しました(1月:前月比0.5%、前年同月比 6.4% YoY )。この前年同月比の伸び率は、2021年9月以来の低水準となり、2022年6月のピーク(9.1%)を3.1%下回りました。FRBがインフレ指標として重視するコア指数(食品とエネルギーを除く)は0.5%と前月から0.1%上昇し予想をやや上振れしたものの、前年同月比は5.5%の上昇と前月から0.1%低下し、ブルームバーグのコンセンサス予想と一致する結果となりました。インフレ圧力の主な要因のひとつであるサービス(エネルギーを除く)の上昇率の内訳は、航空運賃が前月比6.4%上昇、家賃やホテル宿泊料などのシェルター価格が0.8%上昇(ホテル2.6%、家賃0.8%)となりました。なお、当グループの見解では、財のディスインフレは十分なスピードで顕在化していないと考えています。

また、全米自営業者連盟(NFIB)が公表したNFIB中小企業楽観指数によると、平均的な販売価格の値上げを行った小規模事業者の割合は38%に上り、調査対象の企業のうち25%が今後3カ月以内に値上げを行う予定であると回答しており、ディスインフレが顕在化するまでの道のりは険しいものと予想されます。

中国:小売売上高は大きく回復する見通し

13日は、中国の1〜2月小売売上高、鉱工業生産、固定資産投資の公表が予定されています。なかでも経済再開後の消費回復の勢いを示す小売売上高の動向が注目されます。コンセンサス予想によると、1〜2月の小売売上高は1月に0.2%減少した後、1〜2月は前年同月比3.5%増と大幅は回復が見込まれています。また、1〜2月の鉱工業生産の事前予想は前年同期比+2.6%増となっています。
 

今後の米経済指標に注目:生産者物価指数(PPI)・小売売上高

2月CPIが底堅く推移した後、今週はその他の消費・物価関連の経済データの公表を控えており、その動向が注目されます。15日は米生産者物価指数(PPI)および小売売上高が発表される予定です。いずれの指標も緩やかな鈍化が予想されるものの、引き続き堅調さをい維持する見通しです。なお、コンセンサス予想では、米2月PPIは前月比+0.3%(前回:+0.7%)、前年比5.4%(前回:6.0%)の上昇が見込まれています。米小売売上高は、暖冬の影響で大きく増加した1月からの反動減で前月比-0.4%となる見通しです。

英予算案で経済成長と財政政策を確認:雇用統計次第でBOEは追加利上げに

英国のジェレミー・ハント財務相は15日に2023年春季予算案を発表する予定です。昨年9月にハント財務相の前任者であるクワシ・クワーテン元財務相とリズ・トラス元首相が打ち出した大型減税策を巡って英国経済や市場に大きな混乱を引き起こした後、ハント財務相がどのように対処するかが注目されます。予想ではハント財務相は公的部門の財政を健全な水準にとどめることを優先し短期の借り入れを削減する一方、英国の財政状態の中期的な見通しは若干の改善にとどまるとの見方が優勢です。エネルギー価格の下落は当面にわたって英国の経済成長を下支えし、リセッション懸念は後退するものと予想されますが、労働参加率ならびに労働生産性の低下が続く中、長期的な成長見通しは依然として厳しいものとなっています。

一方、昨日公表された英国の雇用統計は、BOEが利上げを一時的に停止するほどの内容とはなりませんでした。2月の給与所得者数は事前予想の6万5,000人に対して9万8,000人となる一方、先月分の速報値は10万2,000人(予想の10倍)から4万2,000人に下方修正されました。なお、1月の失業率(昨年11月から今年1月までの3カ月平均)は3.7%と横這いで推移し、賃金は前月から減速しました。


習近平国家主席はロシアを訪問;ゼレンスキー大統領・バイデン大統領との電話会談も予定

C中国の習近平国家主席はウクライナとロシアを仲介する動きを積極化しているとみられます。メディア各社は習主席はロシアが訪問し、プーチン大統領と会談した後にウクライナのゼレンスキー大統領とも電話会談を計画していると報道しています。また、さらに、バイデン大統領が習主席との電話会談を行うとの報道も見受けられます。こうした一連の動きは、中国が国際問題において仲介役を果たすことに積極的な姿勢を強めていることの表れであり、その他の先進国との関係にも今後、影響を及ぼす可能性があります。

 

FRBは中堅銀行の規制強化を検討;市場ではリスク選好の動きも


シリコンバレー銀行、シグネチャー銀行、シルバーゲート銀行の破綻は、デジタル資産のエコシステムのみならず、シリコンバレーにおける今後の資金調達活動に深刻な影響を与えるものと予想されます。しかし、こうした中でもビットコインは一時26,000ドル台を回復し、その後、暗号資産の関連銘柄の株価も軒並み上昇しました。当グループは、リスクの高い融資に携わってきた米銀3行の破綻がもたらす影響は資本要件の厳格化につながり、いずれは未公開企業に波及する可能性があると考えます。なお、FRBは中堅銀行の財務健全性をリセッションに耐え得る水準に改善するために、自己資本等の要件を変更することを検討しているほか、資産規模が1,000億ドルから2,500億ドルの企業は、より厳しい制約を受けることになる可能性が指摘されています。FRBの規制要件の見直しについて、詳細が待たれます

Metaは追加削減;Appleはコスト削減に取り組む

Facebookの親会社であるMetaは、今後数ヶ月で1万人規模の追加人員削減を行い、また約5000人のポジションの採用も見送る方針であることを発表しました。米ハイテク業界で相次ぐ大規模な人員削減の波は、低金利時代に急成長を遂げた企業が厳しい事業環境に置かれている現状を浮き彫りにしていますが、依然としてタイトな状況にある労働市場には反映されておらず、需給の不均衡は解消されていません。Metaは前日比7.3%高と大きく上昇しました。また、Appleも一部の部門の賞与削減とコスト削減の取り組みを拡大する計画を発表しました。

 

For what to watch in markets this week – read or watch ourSaxo Spotlight.

For a global look at markets – tune into our Podcast.

口座開設は無料。オンラインで簡単にお申し込みいただけます。 

最短3分で入力完了!

【ご留意事項】

■当資料は、サクソバンクグループのアナリストによるマーケット分析レポートの転載、もしくは外部のアナリストからの寄稿となっております。
■当資料は、いずれも情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■当資料は、作成時点において執筆者またはサクソバンク証券(以下「当社」)が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者または当社はその正確性、完全性等を保証するものではありません。当資料の利用により生じた損害についても、執筆者または当社は責任を負いません。 
■当資料で示される意見は執筆者によるものであり、当社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。 
■当資料に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。 
■当資料の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。
■上記のほか、当資料の閲覧・ご利用に関する「免責事項」をご確認ください。 
■当社が提供するデリバティブ取引は、為替相場、有価証券の価格や指数、貴金属その他の商品相場または金利等の変動によって損失を生じるおそれがあります。また、お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は、預託された証拠金の額を上回る恐れがあります。
■当社が提供する外国証券取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。 
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。 
■当社でのお取引にかかるリスクやコスト等については、 こちらも必ずご確認ください。

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Izumi Garden Tower 36F
1-6-1 Roppongi Minato-ku
Tokyo 106-6036
〒106-6036 東京都港区六本木1-6-1
泉ガーデンタワー36F

お問い合わせ

国・地域を選択

日本
日本

【重要事項及びリスク開示】

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。また、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。
■外国株式・指数オプション取引は、対象とする有価証券の市場価格や対象となる指数、あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動、指数の数値等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする有価証券の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式・指数オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式・指数オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式・指数オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。さらにこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式・指数オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時は銘柄の流動性や価格変動性あるいは法令等若しくは当社が加入する自主規制団体の規則等に基づいて当社が決定し、必要に応じて変更します。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。
■取引にあたっては、契約締結前交付書面(取引説明書)および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会
手数料:各商品の取引手数料についてはサクソバンク証券ウェブサイトの「取引手数料」ページや、契約締結前交付書面(取引説明書)、取引約款等をご確認ください。