日本銀行:流れに逆らって泳ぐ 日本銀行:流れに逆らって泳ぐ 日本銀行:流れに逆らって泳ぐ

日本銀行:流れに逆らって泳ぐ

チャル・チャナナ

マーケット・ストラテジスト

サマリー: 
日本にとってはデフレが長年の課題でしたが、世界の中央銀行が物価上昇圧力との戦いを強化している今年、インフレ目標政策を継続する日本の姿勢は、諸外国の政策とは顕著に異なるものとなっています。


日本銀行(日銀)のイールドカーブ・コントロール政策では、10年物日本国債(JGB)の利回りを0.25パーセントの誘導目標以下に維持するとしています。これは物価上昇を回復するためには必要な政策ですが、米ドルに対して24年ぶりの安値まで最近変動した日本円にとっては破滅的であることが明らかになりました。円安は物価を押し上げ、消費者と企業に打撃を与え、7月に選挙に直面する政府にとって政治的な頭痛の種となっています。イールドカーブ・コントロール政策にコミットし続けることは、さらに高いインフレ率を意味することになりますが、その水準は、先進国で最も高水準の債務負担を抱える同国にとっては壊滅的なものとなりかねません。

また市場は、長期債や先物市場を含めて、同中央銀行の許容限度を超えて国債利回りを押し上げ、日銀に債券購入の加速を強いることによつて、イールドカーブ・コントロール政策への日銀のコミットメントを試しています。FRBが利上げを続け、世界的に利回りが大幅に上昇する中で、日銀は、さらに緩和策を採って国債購入を継続する必要に迫られていますが、それによって日銀のバランスシートが一層拡大することになります。
出典:Bloombergおよびサクソマーケッツ
出典:日本銀行「生活意識に関するアンケート調査」

「一時的な」インフレ論はいつまで続くか

FRBが11月に「一時的な」インフレ論からインフレがより長い間にわたってより高いものになることを認める姿勢に転換し、金融政策引き締めのシグナルを送り始めたことで、その方針転換が確認されました。日銀は現在、同様の圧力にさらされています。4月のコアインフレ率は約7年ぶりに日銀の目標である2%を超えましたが、これは主に商品価格が上昇したことによる供給主導です。黒田東彦総裁は、大幅な賃金上昇を伴わない現在のコストプッシュ型インフレは短期的なものになると繰り返し述べ、賃金上昇圧力が高まらない限り、緩和政策にコミットし続けることを示唆しました。

しかし、厚生労働省が発表した3月の現金給与総額の(速報値1.2パーセントから)2%への上方修正は、賃上げがインフレに連動していることを示しました。ところが、4月の現金給与総額の増加率は1.7パーセントに減速し、実質賃金は依然として1.2%減となりました。さらに、賃金データには不安定な傾向があり、円安で企業収益が圧迫される中で、持続的な賃金上昇の余地は乏しい状況が続いています。

それでも、消費者は、家計が圧迫されていることからインフレの高まりの影響を感じており、それが第3四半期の個人消費の回復は遅れると考えられます。円が対ドルで150円に向かって下落すれば、物価はさらに押し上げられ、固定収入で生活している何百万人もの退職世代にとっては特に悪いニュースになります。インフレに対する国民の不安は、「日本の家計の値上げ許容度も高まってきている」と述べた黒田総裁の発言に対する反発でも明らかになりました。 したがって、仮にイールドカーブ・コントロール政策へのコミットメントが弱まり始めるとすれば日銀の政策計画を形作る可能性が高いインフレ期待が、注目すべき重要な要因となります。日銀の調査によると、日本の家計の1年後の予想物価上昇率の平均は、2008年以来最も高い6.4パーセントになっています。これが上昇し続けた場合には、日本の家計の許容度、ひいては世界的な引き締めの中での日銀の緩和政策が試されることになるでしょう。

出典:Bloombergおよびサクソマーケッツ

通貨介入は選択肢になるか

日銀は依然として緩和政策を維持している唯一の主要中央銀行であることから、通貨に対する圧力は明らかです。それだけではなく、日銀は金融市場への介入に関して最も積極的な中央銀行であり続けており、何十年かにわたって「自由市場」のメカニズムとは異なる行動をとってきました。当局は、円安は経済にとってプラスであるという伝統的な主張を続けており、日銀の介入のほとんどは円安にバイアスがかかった円高側でした。
大手自動車メーカーが生産拠点を日本に集中させ、世界に向けて自動車を輸出していた間はそうでした。しかし、現在では製造業はより世界的に広がっており、円安になった場合でもこれまでと同様の為替差益は生じません。さらに、エネルギーコストとサプライチェーンの問題により事業コストが上昇しており、円安がもたらす可能性のある恩恵は損なわれています。

しかも、円安の進行が懸念されます。米ドル円は、2月末の115円からわずか3か月強の間に24年ぶりの高値である135円まで上昇しており、17パーセントを超える日本円の下落です。注目すべき次の重要なレベルは、1998年の高値147.66円と、1982年のピークだった277.45円からの38.2パーセントのフィボナッチリトレースメントのレベルである152.63円です。さらに、円安は米ドルに対してだけではありません。ブルームバーグの相関・加重通貨指数は、G10の対応通貨の幅広いバスケットに対する円の相対的強さの指標ですが、同様に7年間の最低値まで落ち込んでいます。チャートは、中国の中央銀行も緩和バイアスを維持しているにもかかわらず、円が人民元に対して実質実効為替レート(REER)ベースで弱くなっていることを示しています
出典:Bloombergおよびサクソマーケッツ

日本の当局は何度か口先介入を試みており、その中には効果があったものもあって、円は回復しました。しかし、より最近では、利回り上昇の力が強まり続けているため、影響力は弱まり始めています。日本の財務省、日銀および金融庁の間の三者会合の後、当局は、米ドルに対する急速な円安の進行に関する「強い懸念」を表明しましたが、ほとんど効果はありませんでした。直近では、6月の日銀金融政策決定会合で、為替のレベルに対して同行が注意を払う必要があるという曖昧な声明を含めましたが、投機を防ぐための具体的な水準は示しませんでした。

他のG7諸国と併行した協調介入対応への期待は、米国と世界のインフレの水準に関する懸念を前にして打ち砕かれました。仮に実現したとしても、為替介入の影響は長続きしない可能性が高いでしょう。世界的に利回り上昇が続く中で、日銀がイールドカーブ・コントロール政策を堅持すれば、利回り格差が拡大し続けるというファンダメンタルな枠組みの変化ももたらしません。円安の原因が日銀の政策そのものであることを考えれば、現在の環境での為替介入も信頼性のあるものではありません。

イールドカーブ・コントロール政策の終わりの始まり・・・

黒田総裁がイールドカーブ・コントロール政策を放棄するかどうかという疑問は、少なくともあと1四半期は消えない可能性が高く、FRBからの7月の追加の75ベーシスポイント(bps)の利上げが近付いてくると、さらに強まる可能性があります。しかし、景気後退懸念が高まる中で世界的に利回りが頂点に達すれば、圧力が緩和されるかもしれません。

何十年間かにわたって量的緩和に非常に慣れているため、FRBと欧州中央銀行(ECB)が方針を変更する兆候はありませんでしたが、それにもかかわらず突然の変更が行われました。日銀もいつかは同様に厳しい道を選ぶと予想することは困難ではなく、それはおそらく突然起こるでしょう。この政策を反転させることには、国内外の金融面の影響を超える多くのものが賭けられていますが、最も重要なことは、黒田総裁の任期満了が近付いていることです(任期は2023年4月まで)。黒田総裁は、イールドカーブ・コントロール政策を採用したけれども失敗したためにその後放棄した人物としてではなく、日本に(賃金)インフレを回復させた人物として記憶されることを望んでいると思われます。

圧力の高まりにもかかわらず方向性を維持すること、あるいは、イールドカーブ・コントロール政策の上限レベルをより小幅にまたはわずかに大幅に変更する方法で政策を手直しすることなど、黒田総裁が選好する可能性のあるその他の選択肢もあります。当面最も可能性の高い結果はこれらの選択肢ですが、ポジションが伸び過ぎていることを考えると、依然として大幅な円の回復の可能性があります。同様な政策の微調整は、2015年~2018年のFRBの引き締めサイクルの後半の2018年に実際に起こっています。日銀は当時、世界的な金利上昇による市場主導の利回り上昇に応じて、10年物の利回り誘導目標の幅を±0.1パーセントから±0.2パーセントに拡大しました。2021年にはこれがさらに±0.25パーセントに拡大されています。こうした政策の微調整を行ったとしても、-0.1%に据え置かれているその基準貸出金利の引き上げまでにはまだ長い距離が日銀に残されるでしょうが、それでも、こうした調整は正常化に向けた重要な一歩になると考えられます。

出典:Bloombergおよびサクソマーケッツ

・・・そして世界の金融市場にとってそれが意味し得ること

日本は、何十年にもわたって膨大な対外資産を蓄積してきました。多くの個人投資家と機関投資家が、円で借り入れる一方で追加的な利回りや流動性を求めて外国市場に投資するという円キャリートレードのエクスポージャーを有しています。したがって、黒田日銀総裁が「暴走列車」によってイールドカーブ・コントロール政策へのそのコミットメントを取り下げることを余儀なくされた場合には、伝染リスクが大きいため、世界の金融システムのひどいシステミックな崩壊のリスクをもたらす可能性があります。

国内では、イールドカーブ全体を上方にシフトさせる衝撃的な政策転換は、日銀がそのバランスシートに保有しているJGBに何兆円もの損失をもたらす可能性があります。JGBの急落は、世界経済に連鎖的な影響を及ぼす可能性が高く、世界経済は重要なアンカーを失うことになるでしょう。これが次に、世界全体で借入コストに対する上昇圧力の火付け役になり得ます。円キャリートレードが反転するのに伴って、流動性が日本に還流し、世界の流動性条件の流出になると思われます。日本株は、企業が借入金利の上昇と(現在の想定よりも)高い円によって傷を負う結果として打撃を受けることになり、世界の株式も急落に加わる可能性があります。これは、日本経済がパンデミックから完全に回復する前に粉砕される可能性があることを意味します。円のボラティリティが急上昇し、その影響は世界の外国為替市場にも波及するでしょう。


取扱商品を見る

口座開設は無料。オンラインで簡単にお申し込みいただけます。 

最短3分で入力完了!

【ご留意事項】

■当資料は、いずれも情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■当資料は、作成時点において執筆者またはサクソバンク証券(以下「当社」)が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者または当社はその正確性、完全性等を保証するものではありません。当資料の利用により生じた損害についても、執筆者または当社は責任を負いません。 
■当資料で示される意見は執筆者によるものであり、当社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。 
■当資料に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。 
■当資料の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。
■上記のほか、当資料の閲覧・ご利用に関する「 免責事項」をご確認ください。 
■当社が提供するデリバティブ取引は、為替相場、有価証券の価格や指数、貴金属その他の商品相場または金利等の変動によって損失を生じるおそれがあります。また、お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は、預託された証拠金の額を上回る恐れがあります。
■当社が提供する外国証券取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。 
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。 
■当社でのお取引にかかるリスクやコスト等については、 こちらも必ずご確認ください。

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Toranomon Kotohira Tower 22F
1-2-8 Toranomon Minato-ku Tokyo 105- 0001
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー 22F

お問い合わせ

国・地域を選択

日本
日本

【重要事項及びリスク開示】

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会