第2四半期プレビュー:バイオテクノロジーセクターが突出 第2四半期プレビュー:バイオテクノロジーセクターが突出 第2四半期プレビュー:バイオテクノロジーセクターが突出

第2四半期プレビュー:バイオテクノロジーセクターが突出

株式 10 minutes to read
PG
ピーター・ガンリュー

株式戦略責任者

サマリー:  第2四半期の決算シーズンは来週から始まり、7月後半から8月前半にかけては非常に忙しい状況となるでしょう。本レポートでは、向こう3週間で最も重要な決算発表に焦点を当て、各企業の決算において注目すべき点を解説します。ひとつ確実なことは、収益力のある企業が市場から評価されるということです。最後に、次世代医薬のテーマバスケットが最近25%上昇したことについては、厳しい財務状況が続く限り同セクターが脆弱であることを強調したうえで、展望を述べています。


第2四半期決算は、収益力の有無によって判断される

来週から第2四半期決算シーズンが始まりますが、先日、当社は第2四半期決算を前にバラ色の期待を中心に決算プレビューを提示し、エネルギーセクターが引き続き投資対象として期待されるとコメントしました。今シーズンの全体的なテーマは収益圧力(チャート参照)であり、市場の期待を上回る営業利益率を示せる企業が、市場から評価されることになるでしょう。企業の先行きは不透明で、7月のFOMCでの利上げや厳しい財務状況が収益に影を落としそうですので、第2四半期の決算が株式市場を大きく押し上げることは難しいとみています。いずれにせよ、収益力のある企業が第2四半期決算期相場の勝者となるでしょう。

7月は夏季休暇シーズンであるため株式市場は低調に推移しますが、今後3週間に予定されている主要決算のうち、特に注目されるのは以下の決算です。

  • JPモルガン・チェース: 米銀は昨年11月以降、米金利上昇に積極的に反応していません。市場は預貸金利ざやの上昇が緩やかであると予想しており、住宅ローンやクレジットカード支出などを含む消費者の活動低下がそれを相殺すると思われるからです。また、財務状況が厳しくなっていることから、貸倒引当金の増加も予想されます。
  • ロッキード・マーティン: ウクライナ戦争が勃発して以来、米国の防衛関連株は欧州の競合他社に比べあまり動いていません。欧州が自国の防衛産業を優先させる一方で、支出の増加は米国の防衛企業にも流れ込みます。ロッキード・マーティンの第2四半期決算発表が、その仮説が正しいか否かを示す最初のヒントとなるでしょう。
  • ネットフリックス:世界最大のオンラインストリーミングサービスは、ユーザー数の減少、競争の激化、コンテンツ制作のコスト増、そして顧客の生活費全般への圧迫の影響を受けています。投資家の関心は、同社が、インフレの影響を最も強く受けている世帯のストリーミングへの参入コストを下げるために、広告をベースにした新たな階層化モデルを発表するかどうかに集まっています。
  • ハリバートン:石油・ガス業界は、化石燃料に対する政治的圧力から、新規油田・ガス田への過大な投資には依然として消極的です。ハリバートンは石油サービス大手で、石油業界では今後、設備投資が回復すると当社はみています。
  • テスラ:第2四半期は、中国での新型コロナウイルス感染拡大に伴うロックダウンにより、EVメーカーの事業が大きく制約され、販売台数は2年以上ぶりに前四半期比で減少しました。同時に、テキサスとドイツの工場でも生産が難しくなっており、特にフォルクスワーゲンとBYDとの競争が激化しています。
  • ASML:マイクロンやサムスンなどいくつかの半導体メーカーが最近、暗い見通しを発表しており、これらの予測は半導体装置を提供するASMLの見通しにも影響を与える可能性があります。また、同社は最近、特定の装置の中国への販売を停止するよう米国政府から圧力を受けています。
  • ABB: 欧州ではエネルギー危機が急速に進行しており、極めて厳しい電力料金により産業活動が困難になっていることから、産業用機器には圧力がかかっています。世界経済の全般的な減速も、見通しにマイナスの影響を及ぼす可能性があります。
  • アルファベット: 第1四半期決算以降、スナップは広告需要の弱含みを背景に増収見通しを下方修正していますが、アルファベットは同様の動きをみせていません。しかし、営業利益率への圧力を相殺するために、同社がマーケティング費用を削減していることが多方面で確認されています。広告事業以外では、クラウドコンピューティング部門が依然として好調であると当社は予想しています。
  • マイクロソフト: コンピュータのオペレーティングシステムで世界的に依然としてほぼ独占的な地位にあること、クラウド事業がシェアを獲得していることから、経営は安定しています。企業支出はまだ打撃を受けていませんが、サムスンは昨日、そうした影響が現れつつあるとしたため、それがマイクロソフトの収益へのリスク要因になるかもしれません。
  • メタ: アルファベットと同様ですが、注意すべき点があります。メタは メタバースという新たな賭けに四半期あたり 30 億ドルを費やしており、投資家はマーク・ザッカーバーグが描く、未来のための新しいコンピューティングプラットフォームを作るという野心に対し、我慢の限界に達しているかもしれません。特に、アップルが iPhone で行ったデータ・プライバシーの変更によって、メタが効率的に広告を配信することが難しくなり、広告事業モデルが勢いを失う動きが続く中では、状況は一層困難になります。
  • アップル: ハイエンドの家電メーカーであるアップルは、現在市場が予想しているより大きなインフレによる逆風に直面する可能性があります。サムスンの見通しはアップルの投資家に無視されましたが、アップルの決算発表で再び注目されるかもしれません。また、サプライチェーンの制約もアップルにとって重要な問題であり、これが収益成長率のマイナスのサプライズにつながる可能性があります。
  • アマゾン: 「何でも屋」のアマゾンはパンデミック時に経費をかけすぎ、受注から配送までの業務と物流のコスト増により営業利益率が圧迫されています。クラウドコンピューティング部門では、マイクロソフトとグーグルからも、さらに圧力を受けています。新CEOには、Eコマース事業の営業利益率を回復させるよう、大きなプレッシャーがかかっています。

今後3週間の決算発表のうち、重要なものは以下のとおりです。なお、これらの決算発表の一部は、本資料の発表後に変更される可能性があります。

  • 7月12日(火曜日):トリグ、DNBバンク、ペプシコ
  • 7月13日(水曜日):ファステナル、デルタ航空
  • 7月14日(木曜日):ファーストリテイリング、エリクソン、SEB、EQT、JPモルガン・チェース、モルガン・スタンレー、シンタス
  • 7月15日(金曜日):インベストール、サンドビック、エムエスケミー、ユナイテッドヘルス、ウェルズ・ファーゴ、チャールズ・シュワブ、ブラックロック、シティグループ、プログレッシブ、USバンコープ、PNCファイナンシャルサービシズ
  • 7月18日(月曜日)バンク・オブ・アメリカ、IBM、ゴールドマン・サックス、ノルデア
  • 7月19日(火曜日):ジョンソン・エンド・ジョンソン、ノバルティス、ロッキード・マーティン、ネットフリックス、アトラス・コプコ、ボルボ、ハリバートン、アッサ・アブロイ、ハスブロ、ヤラ・インターナショナル
  • 7月20日(水曜日):テスラ、アボット・ラボラトリーズ、ASML、CSX、日本電産、バイオジェン、ベーカー・ヒューズ、コーン、ボルボ・カー、アケル、 ダッソー・アビアシオン、ユナイテッド航空、ASMインターナショナル、 アルファ・ラバル
  • 7月21日(木曜日):ロシュ、ダナハー、AT&T、ブラックストーン、SAP、 インテュイティブ・サージカル、ABB、フリーポート・マクモラン、キンダー・モルガン、ニューコア、DRホートン、ノキア、エシティ、シーゲート・テクノロジー、マーケットアクセス
  • 7月22日(金曜日):ベライゾン、ネクステラ・エナジー、アメリカン・エクスプレス、シュルンベルジェ、ツイッター、ダンスク・バンク、ノルスク・ハイドロ
  • 7月25日(月曜日):NXPセミコンダクターズ、キューン・ウント・ナゲル、フィリップス、ライアンエア
  • 7月26日(火曜日):アルファベット、ビザ、LVMH、コカ・コーラ、マクドナルド、UPS、テキサス・インスツルメンツ、レイセオン・テクノロジーズ、ユニリーバ、クリスチャン・ディオール、ゼネラル・エレクトリック、UBSグループ、ゼネラル・モーターズ、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、サザン・コッパー、DSV、ウニクレディト
  • 7月27日(水曜日):マイクロソフト、メタ、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ、クアルコム、AMD、エクイノール、GSK、サービスナウ、リオ・ティント、モンデレズ、ボーイング、エアバス、3M、ケリング、ヒューマナ、メルセデス・ベンツ、フォード・モーター、クラフト・ハインツ、スポティファイ、BASF、ダノン、エンフェーズ・エナジー、ガーミン
  • 7月28日(木曜日):アップル、ネスレ、ファイザー、メルク、ロレアル、シェル、コムキャスト、インテル、リンデ、トタルエナジーズ、サノフィ、ハネウェル、アンハイザー・ブッシュ・インベブ、キーエンス、フォルクスワーゲン、エア・リキード、シュナイダー・エレクトリック、バンコ・サンタンデール、ヴァレロ・エナジー、ステランティス、ネステ、BAEシステムズ、アルセロール・ミッタル 
  • 7月29日(金曜日):アマゾン、エクソン・モービル、P&G、マスターカード、シェブロン、アッヴィ、アストラゼネカ、ソニー、キャタピラー、コルゲート・パルモリーブ、BNPパリバ、トゥイリオ、ピンタレスト

財務状況と乖離して上昇基調にあるバイオテクノロジー

革新的なバイオテクノロジー産業を大きく反映する、当社の次世代医薬バスケットは、インフレ率低下と金利引き下げへの期待、および潜在的なショートカバーの組み合わせにより、最近の安値から25%上昇しています。同セクターの企業の大半は損益分岐点に達するまでの期間が長いため、市場の中でもデュレーションが最も長く(金利に対する感応度が高く)なっています。株価バリュエーションが高く、研究開発型の企業であるだけに、その影響を受けやすくなります。

バイオテクノロジー関連株は最近反発しましたが、財務状況が引き続き厳しく(グラフ参照)、現在の水準と方向性は、これらの企業の新薬研究活動に必要な資金調達にマイナスの影響を与え続けるため、当社は今後6か月間、同業界に対して慎重な見方を継続します。
NextGen Medicine basket vs MSCI World Index | Source: Bloomberg
US financial conditions | Source: Bloomberg

口座開設は無料。オンラインで簡単にお申し込みいただけます。 

最短3分で入力完了!

【ご留意事項】

■当資料は、いずれも情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■当資料は、作成時点において執筆者またはサクソバンク証券(以下「当社」)が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者または当社はその正確性、完全性等を保証するものではありません。当資料の利用により生じた損害についても、執筆者または当社は責任を負いません。 
■当資料で示される意見は執筆者によるものであり、当社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。 
■当資料に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。 
■当資料の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。
■上記のほか、当資料の閲覧・ご利用に関する「 免責事項」をご確認ください。 
■当社が提供するデリバティブ取引は、為替相場、有価証券の価格や指数、貴金属その他の商品相場または金利等の変動によって損失を生じるおそれがあります。また、お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は、預託された証拠金の額を上回る恐れがあります。
■当社が提供する外国証券取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。 
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。 
■当社でのお取引にかかるリスクやコスト等については、 こちらも必ずご確認ください。

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Toranomon Kotohira Tower 22F
1-2-8 Toranomon Minato-ku Tokyo 105- 0001
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー 22F

お問い合わせ

国・地域を選択

日本
日本

【重要事項及びリスク開示】

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会