パウエル議長、マーケットへ早めの花火を届ける - Powell delivers early fireworks to markets パウエル議長、マーケットへ早めの花火を届ける - Powell delivers early fireworks to markets パウエル議長、マーケットへ早めの花火を届ける - Powell delivers early fireworks to markets

パウエル議長、マーケットへ早めの花火を届ける - Powell delivers early fireworks to markets

株式 4 minutes to read
PG
ピーター・ガンリュー

株式戦略責任者(Saxo Group)

サマリー:  12日(火)の米国消費者物価指数は、強い地合いを止めるものではなく、13日(水)発表のFOMC記者会見で市場が失望する可能性を引き起こしました。米国のコア・サービス・インフレは過去3カ月で加速しており、これがFRBの「より長く、より高く(Higher for Longer)」というメッセージを倍増させた可能性がある。もしそうなら、株価は大きく失望することになるでしょう。米国市場引け後、アドビは決算を発表し、投資家は同社の生成AI製品「ファイアフライ(Firefly)」が成長に向けて舵を切り始めることを求めている可能性が高い。そうでなければ、現在の評価を正当化することはますます難しくなるでしょう。


※本レポート内日本語は、ご参考情報として原文(英語)を機械翻訳したものです。

FRB、市場の見方に同調

FOMCは14日(水)、インフレが引き続き鈍化しているにもかかわらず、市場が織り込んでいた来年の利下げを織り込み、株式市場の上昇を後押しした。特にNasdaq 100先物は史上最高値で終了し、14日(水)の寄付直後も16,850レベル付近で取引されている。年末までにS&P 500 が5,000 に達する完全な暴騰シナリオも現実離れではない。

戦略的な観点からは、FRBは利下げに関する市場価格への政策見通しの広がりに満足しています。そのため、FRBは今後も市場価格と連動して利下げ予想を更新し、2回の利下げを現在のスプレッドとする一定のスプレッドを維持し続けるでしょう。市場が積極的な値付けをしすぎているという声もありますが、金利サイクルが始まると、政策金利の軌道はしばしば大方の予想を上回るスピードで加速するため、歴史は市場の味方です。今回もそうなる可能性は十分にあります。

市場では、政策金利の再引き下げがバリュエーションの拡大を通じて市場を牽引するという論理的なストーリーが展開されていますが、以下のチャートが示すように、2024年12月のFRB政策金利に対する市場の価格設定とS&P500のフォワード株式バリュエーションとの間には論理的な関連性はほとんどありません。言い換えれば、株式にとって重要なリプライシングは局所的な現象であり、一般化されたダイナミックなものではありません。以前から書いているように、市場の論理はこうです。政策金利が200bps未満しか低下しないと予想される限り、名目成長率が4~6%で安定し、キャッシュフローの割引率が低下することを意味するソフトランディングという解釈です。しかし、政策金利が200bpsを超えると、株式市場は政策金利の引き下げが突然景気後退の到来を意味するものだと認識し始め、市場の動きはひっくり返ります。



ECB、市場の利下げ予想を落ち着かせる

ECBは14日(木)、政策金利を据え置くと発表しました。サプライズはありませんでしたが、中央銀行は来年のコアインフレ予測を2.9%から2.7%に引き下げ、ユーロ圏の2024年GDP予測も1%から0.8%に引き下げるなど、当初の予測を下方修正しました。これはユーロ圏経済の脆弱さを強調するものであり、来年の利下げの可能性を示唆するものですが、市場は政策金利の変更をやや下方修正しています。しかし、経済の低迷が続けば、市場は来年より積極的な利下げを織り込む可能性が高いでしょう。現在の市場予想では、2024年12月のECB政策金利は2.36%、預金ファシリティレートは4%となっています。

ファイザー株価、2024年見通し失望で45%下落

散々な1年を過ごしたファイザーは、今年さらに7%下落し、2023年の累計下落率は45.6%に達しました。同社が2024年の見通しを発表したことが要因です。ファイザーの2024年売上高予想は585億~615億ドルで、市場予想の629億ドルを下回りました。さらに、同社は来年40億ドルのコスト削減を予定していますが、市場は成長よりも収益性を重視していることが明らかです。ファイザーの株価下落により、同社の株式評価は2024年度のフリーキャッシュフロー利回り約6.2%、EV/EBITDA倍率7倍に低下しました。これはS&P 500のEV/EBITDA倍率12倍と比較して大幅なディスカウントであり、ファイザーは今や真の意味での「バリュー株」となりました。ただし、株価を押し上げるような近々の材料は債券利回りの低下以外にないため、長期投資家向けの銘柄となったとも言えます。


 

Summary:  Yesterday's US inflation report did nothing to stop the strong sentiment in equities setting markets up for a potential disappointment at tonight's FOMC press conference. US core services inflation has accelerated the past three months which might have spooked the Fed into doubling down on its message of higher for longer. If this is the case then equities will be great disappointed. After the US market close, Adobe will report earnings and investors are likely demanding that the company's generative AI product Firefly begin to move the needle on growth. If not, then it will be increasingly difficult to justify the current valuation.

The Fed buys into market narrative

Last night the FOMC bought into the recent market narrative pricing in rate cuts next year as inflation continues to cool, although in the short term US core services inflation remains high, forecasting three rate cuts next year compared to five cuts priced by the market (see price chart of SOFR Dec 2024 below). The message extended the rally in equities pushing Nasdaq 100 futures to a new all-time high on the close and the move has extended today with the index futures trading around the 16,850 level. It is not unrealistic to think that the S&P 500 could hit 5,000 in a complete melt-up scenario by yearend.

From a strategic perspective the Fed is happy with its policy forecast spread to market pricing on rate cuts as any error will force the market to correct first creating a buffer for policymakers. As such the Fed will likely continue to update its forecasts for rate cuts in tandem with market pricing keeping a certain spread in place with two rate cuts being the current spread. Some say that the market is getting too aggressive in its pricing but history is on the side of markets because when a rate cycle begins the policy rate trajectory often accelerates faster than most anticipate. This could easily happen again.

The logical narrative in the market is that the policy rate repricing drives the market through valuation expansion, but as our chart below shows there has been little logical connection between the market’s pricing of Fed policy rate Dec 2024 and the forward equity valuation of the S&P 500. In other words, if the repricing matters for equities is a local phenomenon and not a generalized dynamic. As we have been writing for quite some time, the market’s logic is this. As long as the policy rate is only projected to fall less than 200 bps then the interpretation is a soft landing meaning lowering discount rate on cash flow with stable nominal growth of 4-6%. This will support the positive momentum in equities, but if the policy rate pricing exceed the 200 bps then the equity market will begin realising that policy rate cuts are suddenly an expression of an incoming recession and then the market dynamic will flip upside down.

 

 

SOFR Dec 2024 futures | Source: Saxo
Nasdaq 100 futures | Source: Saxo

ECB cools market pricing on rate cuts

Today’s ECB rate decision was no surprise in the sense of policy rates remaining unchanged but the central bank reiterated its higher for longer message despite lowering its inflation forecasts for next year on core inflation to 2.7% from previously 2.9% in addition to lowering its Eurozone GDP forecast for 2024 to 0.8% from previously 1%. These new forecasts underscore the fragility of the Eurozone economy but also supports rate cuts next year although the market is today lowering the change in policy rate a bit. However, if the economy continues to be slow paced the market will likely resume its pricing of more aggressive rate cuts for next year. The current ECB policy rate pricing in Dec 2024 is 2.36% vs 4% deposit facility rate.

Pfizer shares are down 45% in 2023 as 2024 outlook disappoints

A terrible year for Pfizer got worse yesterday with shares falling another 7% extending this year’s decline to 45.6% as the company updated the market on its 2024 outlook. Pfizer is guiding revenue of $58.5-61.5bn vs est. $62.9bn. In addition, the company said it expects $4bn in cost savings next year, but the market was clearly weighing growth over profitability in the update. Pfizer’s lower market value has pushed its equity valuation to around 6.2% on the FY24 free cash flow yield and 7x on FY24 EV/EBITDA which is a significant discount to the S&P 500 which valued at 12x on EV/EBITDA. In that sense, Pfizer is now truly a value company, but it has likely also become the case for the patient investor as there are no near-term catalysts that can change sentiment except for falling bond yields.

Pfizer share price | Source: Saxo

口座開設は無料。オンラインで簡単にお申し込みいただけます。 

最短3分で入力完了!

【ご留意事項】

■当資料は、サクソバンクグループのアナリストによるマーケット分析レポートの転載、もしくは外部のアナリストからの寄稿となっております。
■当資料は、いずれも情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■当資料は、作成時点において執筆者またはサクソバンク証券(以下「当社」)が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者または当社はその正確性、完全性等を保証するものではありません。当資料の利用により生じた損害についても、執筆者または当社は責任を負いません。 
■当資料で示される意見は執筆者によるものであり、当社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。 
■当資料に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。 
■当資料の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。
■上記のほか、当資料の閲覧・ご利用に関する「免責事項」をご確認ください。 
■当社が提供するデリバティブ取引は、為替相場、有価証券の価格や指数、貴金属その他の商品相場または金利等の変動によって損失を生じるおそれがあります。また、お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は、預託された証拠金の額を上回る恐れがあります。
■当社が提供する外国証券取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。 
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。 
■当社でのお取引にかかるリスクやコスト等については、 こちらも必ずご確認ください。

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Izumi Garden Tower 36F
1-6-1 Roppongi Minato-ku
Tokyo 106-6036
〒106-6036 東京都港区六本木1-6-1
泉ガーデンタワー36F

お問い合わせ

国・地域を選択

日本
日本

【重要事項及びリスク開示】

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。また、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。
■外国株式・指数オプション取引は、対象とする有価証券の市場価格や対象となる指数、あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動、指数の数値等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする有価証券の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式・指数オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式・指数オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式・指数オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。さらにこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式・指数オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時は銘柄の流動性や価格変動性あるいは法令等若しくは当社が加入する自主規制団体の規則等に基づいて当社が決定し、必要に応じて変更します。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。
■取引にあたっては、契約締結前交付書面(取引説明書)および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会
手数料:各商品の取引手数料についてはサクソバンク証券ウェブサイトの「取引手数料」ページや、契約締結前交付書面(取引説明書)、取引約款等をご確認ください。