NIOの株価急落、テスラの業績悪化の見通し、ルノーのEV会社 IPO - NIO squeeze, Tesla valuation, and Renault EV IPO NIOの株価急落、テスラの業績悪化の見通し、ルノーのEV会社 IPO - NIO squeeze, Tesla valuation, and Renault EV IPO NIOの株価急落、テスラの業績悪化の見通し、ルノーのEV会社 IPO - NIO squeeze, Tesla valuation, and Renault EV IPO

NIOの株価急落、テスラの業績悪化の見通し、ルノーのEV会社 IPO - NIO squeeze, Tesla valuation, and Renault EV IPO

株式 4 minutes to read
PG
ピーター・ガンリュー

最高投資ストラテジスト(Saxo Group)

サマリー:  今日の株式ノートではニュースの流れが熱を帯びてきたバッテリー電気自動車業界に焦点を当てます。NIOへのプレッシャーはますます高まっており、第3四半期決算報告は中国のEVメーカーにとって重要なイベントとなるだろう。私たちが追跡している自動車メーカー 15 社の中で、テスラは市場シェアを失い続けています。最後に、水曜日に予定されているルノーの資本市場日についてコメントします。そこでは、アンペールと呼ばれる電気部門の潜在的な IPO に関する最新情報が市場で期待されています。


※本レポート内日本語は、ご参考情報として原文(英語)を機械翻訳したものです。

 

NIOはEV市場で圧迫されているのか?

NIOはEV市場で圧迫されているのか? 中国のEVメーカーであるNIOは、8月上旬の日中のピークから55%下落し、問題が拡大している。数社の分社化も検討されている。NIOはこれまで一度も黒字を出したことがなく、電気自動車技術により自動車業界への参入障壁が低くなったため、競争が加速し、EV市場でも苦境に立たされている。

NIOの23年度の売上高は86億ドル、24年度の売上高は131億ドルになると予想されているが、それでも営業損益は赤字だ。2021年第1四半期、NIOは20,060台のバッテリー電気自動車(BEV)を納車したのに対し、BMWは14,161台のBEVを納車した。2023年第3四半期になると、BMWは93,931台を納入し、NIOは55,432台しか納入していない。

EV普及へのエクスポージャーを得たいと考える投資家は、EVメーカーに投資することが最も賢明な判断なのか、それともバリューチェーンの他の部分に投資する方が理にかなっているのかを真剣に考えるべきである。当社の株式レポート「The growing ecosystem around electric vehicles(電気自動車を取り巻き、成長するエコシステム)」では、この議論をもう少し掘り下げている。



NIOの株価 |  出典: Saxo

テスラ投資家がEV市場シェアを知る必要がある理由

当社がBEVモデルで追跡している15社の自動車メーカーに基づくと、BEVの第3四半期納車台数は前年同期比55%増の170万台となり、BEVが石油需要に与える影響についての話題も含め、2023年はBEVが市場全体にとって最終的に変曲点を迎える年として知られるようになるだろう。テスラにとって、第3四半期の納車台数は、競争が激化している現実を示すものであり、これら15社の自動車メーカーにおける世界市場シェアは、前年の31.4%から25.6%に低下した。このシェアはまだ印象的で、テスラは生産台数でフォルクスワーゲンの2倍以上の規模を誇っているが、第4四半期には中国のBYDに首位の座を奪われる可能性が高い。

なぜこの市場シェアの推移がそれほど重要なのか?なぜなら、2035年の世界BEV市場における最終的な市場シェアは、テスラの評価において重要なインプット・パラメーターだからだ。テスラの市場価値は現在6,820億ドルであるのに対し、トヨタは3,030億ドルである。ICE(内燃機関)におけるトヨタの現在の世界市場シェアは約10%であるため、テスラの市場価値は潜在的に異なるシナリオを反映している:

  1. 長期的にはトヨタの現在の市場シェアの少なくとも2倍で、自動車業界全体の収益性にプラスの変化はない。

  2. 将来的にトヨタと同じ市場シェア(10%)になるが、自動車業界が過去に生産したものよりはるかに高い利益率で自動車が生産される。

  3. 2035年または2040年にはトップ3の自動車メーカーとなるが、過充電ネットワーク、エネルギー貯蔵、住宅用ソーラーモジュール設置などの他の事業から派生する市場価値が大きい。



ルノーのアンペールIPOに関する最新情報

ルノーの最高経営責任者(CEO)は本日、水曜日に開催される資本市場の日に、アンペールと呼ばれる電気部門(ハイブリッドとバッテリーを含む)のIPO計画を発表すると述べた。同グループは80億~100億ユーロの評価額を目指し、IPOをテスラに代わる欧州の選択肢と位置づけようとしている。ルノーは、EVの普及という点では欧州で最も成功している自動車メーカーの一つだが、このフランスの自動車メーカーは、市場が注目するBEVの数字を個別に出すのが苦手なことで有名である。来年4月か5月頃に予定されているアンペールのIPOによって、この状況が変わることを期待している。

すでにアナリストの中には、IPOは間違った選択であり、IPOは既存株主にとって希薄化するため、スピンオフにすべきだと考えている者もいる。しかし、いずれにせよ、急成長するアンペールが多くの資本を必要とすることは希薄化につながるが、ルノーの株主にとってIPOが何を意味するかについては、水曜日には市場はもっと賢明になっているだろう。ルノーがアンペールのIPOに成功し、それが成功すれば、フォルクスワーゲンやステランティスといった他のレガシーカーメーカーにもBEV部門のIPOを迫ることができるだろう。


ルノーの投資家向けプレゼンテーション |  出典: ルノー


Summary:  In today's equity note, we zoom in on the battery electric vehicles industry as the news flow is heating up. NIO is increasingly under pressure and the Q3 earnings report will be a key event for Chinese EV-maker. Tesla continues to lose market share among the 15 carmakers we track. Finally, we comment on Renault's upcoming capital markets day on Wednesday where the market expects an update on its potential IPO of its electric division called Ampere.


Is NIO being squeezed in the EV market?

Problems are growing at the Chinese EV-maker NIO down 55% from its intraday peak back in early August as EV-maker has indicated that it is considering raising equity capital and also laying off 10% of its staff. Even a spin-off of several units is on the table. NIO has never been profitable and the lower entry barriers into the car industry because of electric vehicles technology has increased competition to insane levels making it increasingly difficult to grow fast in a profitable way.

NIO is expected to deliver FY23 revenue of $8.6bn and FY24 revenue of $13.1bn, but still losing money on its operations. In Q1 2021, NIO delivered 20,060 battery electric vehicles (BEVs) compared to BMW’s 14,161 deliveries of BEVs. Fast forward to Q3 2023, BMW delivered 93,931 and NIO delivered only 55,432 highlighting that NIO is falling behind relatively.

Investors that want to get exposure to the EV adoption should seriously think about whether betting on an EV-maker is the most sensible decision or whether investing in other parts of the value chain makes better sense. Our equity note The growing ecosystem around electric vehicles goes a bit deeper into this argument.

NIO share price | Source: Saxo

Why Tesla investors must understand terminal market share

Based on the 15 carmakers we track in our BEV model the Q3 delivery figure of BEVs hit 1.7mn up 55% y/y and 2023 is going to be known as the year when BEVs finally hit an inflection point for the overall market including the talk about BEVs impact on oil demand. For Tesla, the Q3 delivery figures also extended the reality that competition is heating up and that its global market share among these 15 carmakers fell to 25.6% down from 31.4% a year ago. This market share is still impressive and Tesla is still more than twice as big as Volkswagen in terms of production, but Tesla is highly likely to lose its top spot in Q4 to Chinese BYD.

Why is this market share trajectory so important? Because the terminal market share in the global BEV market in 2035 is a key input parameter in any Tesla valuation. Tesla’s market value is currently $682bn compared to Toyota’s $303bn. Toyota’s current global market share in ICE (internal combustion engine) is around 10%, so Tesla’s market value reflects potentially different scenarios:

  1. At least twice Toyota’s current market share in the long run and no positive change to profitability in the overall car industry

  2. Same market share as Toyota in the future, so 10%, but cars produced with much higher margin that the car industry has produced in the past

  3. A top 3 carmaker in the 2035 or 2040, but with significant market value derived from other businesses such as supercharging network, energy storage, and residential solar module installation.

Renault update on Ampere IPO

Renault’s CEO said today that on Wednesday, at its capital markets day, the carmaker will announce its plans to IPO its electric division (including hybrid and battery) called Ampere. The group is aiming to get a valuation of around €8-10bn and trying to spin the IPO as an European alternative to Tesla. Renault is one of the most successful carmakers in Europe in terms of the EV adoption but the French carmaker is notoriously bad in breaking out separate BEV figures which are the ones the market cares about, so we are still not including Renault in our model over the BEV market. That will hopefully change with the IPO of Ampere which is expected to launch around April or May next year.

Some analysts already think that an IPO is the wrong choice and that it should be a spin-off because an IPO is dilutive for existing shareholders. But in any case, a rapidly growing Ampere needing a lot of capital to grow fast will be dilutive, but the market will be much wiser on Wednesday about what an IPO means for Renault shareholders. If Renault succeeds with the Ampere IPO and it becomes a success it could force other legacy carmakers such as Volkswagen and Stellantis to IPO their BEV divisions.

Renault investor presentation | Source: Renault

口座開設は無料。オンラインで簡単にお申し込みいただけます。 

最短3分で入力完了!

【ご留意事項】

■当資料は、サクソバンクグループのアナリストによるマーケット分析レポートの転載、もしくは外部のアナリストからの寄稿となっております。
■当資料は、いずれも情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■当資料は、作成時点において執筆者またはサクソバンク証券(以下「当社」)が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者または当社はその正確性、完全性等を保証するものではありません。当資料の利用により生じた損害についても、執筆者または当社は責任を負いません。 
■当資料で示される意見は執筆者によるものであり、当社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。 
■当資料に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。 
■当資料の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。
■上記のほか、当資料の閲覧・ご利用に関する「免責事項」をご確認ください。 
■当社が提供するデリバティブ取引は、為替相場、有価証券の価格や指数、貴金属その他の商品相場または金利等の変動によって損失を生じるおそれがあります。また、お預けいただく証拠金額に比べてお取引可能な金額が大きいため、その損失は、預託された証拠金の額を上回る恐れがあります。
■当社が提供する外国証券取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。 
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。 
■当社でのお取引にかかるリスクやコスト等については、 こちらも必ずご確認ください。

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Izumi Garden Tower 36F
1-6-1 Roppongi Minato-ku
Tokyo 106-6036
〒106-6036 東京都港区六本木1-6-1
泉ガーデンタワー36F

お問い合わせ

国・地域を選択

日本
日本

【重要事項及びリスク開示】

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。また、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。
■外国株式・指数オプション取引は、対象とする有価証券の市場価格や対象となる指数、あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動、指数の数値等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする有価証券の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式・指数オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式・指数オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式・指数オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。さらにこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式・指数オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時は銘柄の流動性や価格変動性あるいは法令等若しくは当社が加入する自主規制団体の規則等に基づいて当社が決定し、必要に応じて変更します。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。
■取引にあたっては、契約締結前交付書面(取引説明書)および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会
手数料:各商品の取引手数料についてはサクソバンク証券ウェブサイトの「取引手数料」ページや、契約締結前交付書面(取引説明書)、取引約款等をご確認ください。