【マーケットニュース】ドル円相場は米金利見通しと睨めっこ

市場では、今週15日に米10年国債利回りが3.09%と約7年ぶりの高水準を付けましたが、米国のファンダメンタルズにピークアウト感が台頭する中、期待インフレ率は上がらないのではとの見方が台頭しつつあります。原油高に対する警戒感は依然残るものの、暫くは3%挟みで推移するとの見方がマジョリティ化しています。国内の10年債利回りも、日銀の金融政策現状維持で変更は暫くないとの見方が多い模様です。円債市場は、供給イベントをこなしながら金利の落ち着きどころを探っていくのではないでしょうか。 今後のポイントは米30年債金利の上昇がどこでピークアウトするかに注目が集まります。現状では3.25%水準で上値がおさえられている印象があり、今後もこの水準で推移となれば、10年債利回りの上昇は限られると思われます。 15日の海外市場では堅調な内容の米経済指標を背景にドル買い・円売りが加速となりました。15日に発表された4月の米小売売上高は前月比0.3%増となったほか、前月(3月)も上方修正されたことが要因でした。同日発表された5月のNY連銀製造業景気指数も20.1と、予想を大きく上回る結果となりました。為替市場では米連邦準備制度理事会による利上げペースが加速するとの思惑が広がり、米長期金利は2011年以来の高水準である3.07%台まで上昇し、ドル買いを誘発させたわけです。

一方で、北朝鮮が11日から開始された米韓軍事演習に反発を表明し、16日の南北閣僚級会談を中止としました。6月12日に予定されている米朝首脳会談開催をも中止となる可能性も台頭し、市場ではリスクオフムードが広がりリスク回避の円買いが先行しドル円の重荷となりました。 利回り上昇は2018年に広く予想されていた動きの1つではありますが、それでも外為市場にとって15日の10年債利回り上昇はサプライズで、3%は心理的な節目水準であるだけでなく、数十年にわたる債券利回りの低下トレンドの終わりを意味する可能性とも受け止めることも出来ます。特に新興国市場では、ドルを調達資金としたキャリートレードを支えていたのはドル安と低水準の債券利回りで、ドル上昇に伴い、トルコとアルゼンチンの通貨が最初に下落しました。メキシコペソ、ブラジルレアルも下落となり、豪ドル、NZドルも苦しい状況でもあります。問題は市場全体に今後どう波及するかどうかに注目が集まります。現状では、主要な株式・商品市場はほぼ無傷で影響を回避していますが、次の波及先になる可能性を示す警告サインが鮮明になってくるかもしれません。

【来週の注目経済指標】
今後を展望しますと、米国では23日にFOMC議事録(5月1~2日開催分)が公表される予定です。FOMC後に発表された声明文では、インフレに関する文言を中心に修正されました。インフレターゲットを巡る議論の内容が注目されるかと思われます。23日は4月新築住宅販売件数が発表され、24日には4月中古住宅販売件数の発表が予定されています。3月はともに市場の予想を上回っただけに拡大基調が維持されているかに注目が集まります。25日は4月コア耐久財受注が発表予定です。3月は市場予想を下回りましたが、依然企業の景況感は高水準にあるか確認したい指標となります。日本では21日に4月貿易収支が発表される予定です。1-3月期は世界的な景気減速から、日本の実質輸出の鈍化につながっただけに内容が注目されます。

【来週はドル円相場の行方の分岐点?】
本日、東京為替市場ではおよそ1月23日以来の111円台乗せとなりました。米長期金利の3%台が定着しつつある中、日米金利差の拡大が円売り・ドル買いを誘発させました。一方では、投機筋のポジションで、米国債券のショート(売り持ち高)が積み上がっている状況でもあります。米国の経済指標が良好継続ならばよいかと思いますが、経済指標の悪化や米株の大幅下落となれば、ショートカバーが誘発され、米金利が低下することも考えられます。そうなれば、一時的には円買い・ドル売りが進む可能性は高くなります。北朝鮮の非核化を巡る米朝の交渉次第では、朝鮮半島絡みの地政学的リスクが再燃し、また米中貿易摩擦への懸念もくすぶっています。 米金利上昇が新興国からの資金流出につながるとの懸念が台頭し、トルコリラなど一部の新興国通貨には下落圧力が非常に高まっています。現状では新興国の資金流出は局地的にとどまっていますが、リスクオフの円高を招く事態は警戒されます。 1月から3月にみせた円高基調になる可能性を否めないだけに、現在のドル円はある意味分岐点にきているのかもしれません。

 

▶ 田代岳 「欧州の視点で読み解くマーケット」更新日: 5月18日

田代岳

来週は英国指標が目白押し、ポンドの動きに注目 5月10日のBOEのMPCでは金融政策を7対2で据え置きました。ここのところの弱い経済指標が出るまでは5月の利上げが予想されていましたが、1~3月期の成長率の鈍化は一時的としながらも、追加の情報を待つというスタンスに委員会の過半のメンバーが判断したようです。 4月19日発表の英小売売上高は前月比-1.2%、前年比1.1%と予想の-0.5%、2%を下回りました。   
続きはこちら ▶


▶ 成田博之「需給動向と相関が語る世界」更新日:5月 16日

成田博之

■ 今週のピックアップ銘柄:NY金先物 世界の基軸通貨は米ドルで、世界経済活動の大きな部分はドル資産に依存していると言っても過言ではないでしょう。一般的にドル安になればその資産価値は減り、投機マネーはヘッジ先として他の通貨や資産を探すことになります。そのひとつのヘッジ先として金があります。
続きはこちら ▶

▶ 山中康司 「テクニカル分析に強くなるオートチャーティスト」更新日: 5月 17日

山中康司

■ 先週のレビュー まず、先週のストラテジの振り返りです。前回はシグナル点灯直後に逆に動いた通貨ペアを積極的にピックアップしてみましたがどうなったでしょうか。 (1)NZDJPYの買い(シグナル点灯5月9日)TP=76.95、SL=75.84 先週執筆時点のレートが75.997、その後のレンジは75.589~75.367とその日のうちにSLの水準へと到達しました。   
続きはこちら ▶


米10年債利回りは3.128%まで上昇!ドル円は111.00円をタッチ! WTI原油CFDは71.20ドル台まで上昇!当社では小額(約1万円)から最大レバレッジ20倍でお取引いただけます。


▶ 米10年債利回りは3.128%まで上昇!ドル円は111.00円をタッチ!   

本日10年債利回りが3.128%まで上昇したことを受けドル円(USDJPY)は111.00円を付け4ヵ月ぶりの円安水準となりました。米長期金利の3%台が定着しつつある中、今後の展開に注目が集まります。  


▶ WTI原油CFDは71.20ドル台まで上昇!

WTI原油CFD6月限り(OILUSJUN18)は、地政学リスクが引き続き相場を支援し、米在庫が減少したことも背景に17日に71.29ドルまで上昇しました。一方で上げの一服感が出ているとの見方もありここからの更なる上昇には新規の材料が必要との声も出始めているようです。当社では約1万円程の証拠金からWTI原油CFDに投資することができ、買いからも売りからも入ることができます。 *WTI原油CFD6月限り(OILUSJUN18)の最終取引時間は5月19日午前0時です。それまでに決済されなかった場合はシステムにより決済されますのであらかじめご留意いただきますようお願いいたします。新規取引をされる場合は期限に余裕のあるWTI原油7月限り(OILUSJUL18):最終取引時間 6月19日午前0時をお選びいただくことができます。  

取引ツールログインは こちら▶

サクソバンク証券のFXページは こちら ▶

サクソバンク証券のCFDページは こちら ▶

サクソバンク証券公式Twitterアカウントは こちら▶

 


以上、ご不明な点などにつきましては、末尾記載の連絡先までお気軽にお問合せください。
今後とも当社をご贔屓いただければ誠に幸甚に存じます。

サクソバンク証券株式会社




 

サクソバンク証券株式会社
Toranomon Kotohira Tower 22F
1-2-8 Toranomon Minato-ku Tokyo 105- 0001
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー 22F

日本

【重要事項及びリスク開示】

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1:0.003%、ステージ2:0.002%、ステージ3:0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2:6万円、ステージ3:20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の有価証券関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■この「重要事項及びリスク開示」の詳細については、契約締結前交付書面の一つである「取引説明書」でご確認ください。

 

 




金融庁日本証券業協会金融先物取引業協会証券取引等監視委員会/情報受付

反社会的勢力に対する基本方針顧客本位業務運営方針

サクソバンク証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会