原油相場の反転近し

   

13日のニューヨーク商業取引所で、指標となる「米国産WTI原油」の先物価格が急落し、前日比4・24ドル(7・1%)安い1バレル=55・69ドルで取引を終えた。 原油の価格が2017年11月以来、ほぼ1年ぶりの安値をつけた。 世界経済の減速懸念が強まるなか、原油の需給が国際的に緩むとの見方から、史上最長となる12営業日連続での下落となった。その影響は、国内のガソリンなどの価格にも及んだ。

続きはこちら ▶



日経平均株価の臨時入替えが12月4日前後に実施される見通しだ。

新日鐵住金(5401)が日新製鋼(5413)を完全子会社とすることを 5 月 16 日に発表した。

両社は何れも日経平均採用銘柄であるため、新しい銘柄1社が採用される。除外銘柄と同じ素材セクターから補充される可能性が極めて高く、採用候補として は総合順位上位銘柄から DIC(4631)が第一候補として挙げられると想定。東洋ゴム(5105)、 LIXIL グループ(5938)なども上位銘柄 であるため、予備候補として挙げられる。

日経平均連動資産は、各銘柄 2700 万株程度(50 円額面換算ベース)で運用されていると推定され、候補のDICは500 円額面のため約270万株の買い需要が見込まれる。日新製鋼は 2018年12月26日に上場廃止予定であり、入替え日は12月26日になると想定されている。12月25日終値ベースで日経平均連動資産のリバランスに伴う売買インパクトの発生が見込まれる。

【マクロウォッチリスト】




田代岳 【FXオプションを使ったトレード戦略】

田代岳

オプション情報画面からいろいろと学ぶ

今週は、saxobankが出しているオプション取引の情報画面について、ごく簡単ですが見方を解説したいと思います。 このページをいつも読んでいただいている方はご存知だと思いますがsaxobankは以下のページで主要通貨ペアのオプション取引について、興味深い情報を提供しています。(英語ですが、基本数字を見ればいいので問題ありません)

● 先週からの変化について:ATM Volatilityの情報からわかる事
● 25-DELTA RISK REVERSAL画面からわかる事
● MARKET PIN RISKについて
続きはこちら ▶


成田博之【需給動向と相関が語る世界】

成田博之

10月からWTI原油先物価格が下落。エネルギー関連先物市場は全般に軟調と思ってしまいます。しかし、天然ガス先物価格は急騰中です。11月9日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然ガス先物相場は5%上昇し、2016年12月以来の高値を付けました。天気予報では、気温が従来予想より低くなり、需要上振れとそれに伴う在庫タイト化リスクに対する警戒感が強まり、天然ガス先物価格を一気に押し上げたようです。

今週のピックアップ銘柄:
● 天然ガス先物価格
続きはこちら ▶


山中康司【テクニカル分析に強くなるオートチャーティスト】

山中康司


先週のストラテジは株価指数CFDから2つ、FXの新興国通貨から1つと大阪でのサクソバンク証券ブースで行なったミニセミナー Part2に沿ったピックアップをしました。株価指数は欧州の株価指数で執筆時点ではエントリーレート(当日始値)が決まっていませんでしたので、それも付記しながら結果を見ていきましょう。

● 今週のピックアップ
(1)DAXの買い
(2)EURO50の買い
(3)USDMXNの買い
続きはこちら ▶

サクソバンク証券株式会社
Toranomon Kotohira Tower 22F
1-2-8 Toranomon Minato-ku Tokyo 105- 0001
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8 虎ノ門琴平タワー 22F

日本

【重要事項及びリスク開示】

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1:0.003%、ステージ2:0.002%、ステージ3:0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2:6万円、ステージ3:20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の有価証券関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■この「重要事項及びリスク開示」の詳細については、契約締結前交付書面の一つである「取引説明書」でご確認ください。

 

 




金融庁日本証券業協会金融先物取引業協会証券取引等監視委員会/情報受付

反社会的勢力に対する基本方針顧客本位業務運営方針

サクソバンク証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会