原油相場の反転近し

   

13日のニューヨーク商業取引所で、指標となる「米国産WTI原油」の先物価格が急落し、前日比4・24ドル(7・1%)安い1バレル=55・69ドルで取引を終えた。 原油の価格が2017年11月以来、ほぼ1年ぶりの安値をつけた。 世界経済の減速懸念が強まるなか、原油の需給が国際的に緩むとの見方から、史上最長となる12営業日連続での下落となった。その影響は、国内のガソリンなどの価格にも及んだ。

続きはこちら ▶



日経平均株価の臨時入替えが12月4日前後に実施される見通しだ。

新日鐵住金(5401)が日新製鋼(5413)を完全子会社とすることを 5 月 16 日に発表した。

両社は何れも日経平均採用銘柄であるため、新しい銘柄1社が採用される。除外銘柄と同じ素材セクターから補充される可能性が極めて高く、採用候補として は総合順位上位銘柄から DIC(4631)が第一候補として挙げられると想定。東洋ゴム(5105)、 LIXIL グループ(5938)なども上位銘柄 であるため、予備候補として挙げられる。

日経平均連動資産は、各銘柄 2700 万株程度(50 円額面換算ベース)で運用されていると推定され、候補のDICは500 円額面のため約270万株の買い需要が見込まれる。日新製鋼は 2018年12月26日に上場廃止予定であり、入替え日は12月26日になると想定されている。12月25日終値ベースで日経平均連動資産のリバランスに伴う売買インパクトの発生が見込まれる。

【マクロウォッチリスト】




田代岳 【FXオプションを使ったトレード戦略】

田代岳

オプション情報画面からいろいろと学ぶ

今週は、saxobankが出しているオプション取引の情報画面について、ごく簡単ですが見方を解説したいと思います。 このページをいつも読んでいただいている方はご存知だと思いますがsaxobankは以下のページで主要通貨ペアのオプション取引について、興味深い情報を提供しています。(英語ですが、基本数字を見ればいいので問題ありません)

● 先週からの変化について:ATM Volatilityの情報からわかる事
● 25-DELTA RISK REVERSAL画面からわかる事
● MARKET PIN RISKについて
続きはこちら ▶


成田博之【需給動向と相関が語る世界】

成田博之

10月からWTI原油先物価格が下落。エネルギー関連先物市場は全般に軟調と思ってしまいます。しかし、天然ガス先物価格は急騰中です。11月9日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の天然ガス先物相場は5%上昇し、2016年12月以来の高値を付けました。天気予報では、気温が従来予想より低くなり、需要上振れとそれに伴う在庫タイト化リスクに対する警戒感が強まり、天然ガス先物価格を一気に押し上げたようです。

今週のピックアップ銘柄:
● 天然ガス先物価格
続きはこちら ▶


山中康司【テクニカル分析に強くなるオートチャーティスト】

山中康司


先週のストラテジは株価指数CFDから2つ、FXの新興国通貨から1つと大阪でのサクソバンク証券ブースで行なったミニセミナー Part2に沿ったピックアップをしました。株価指数は欧州の株価指数で執筆時点ではエントリーレート(当日始値)が決まっていませんでしたので、それも付記しながら結果を見ていきましょう。

● 今週のピックアップ
(1)DAXの買い
(2)EURO50の買い
(3)USDMXNの買い
続きはこちら ▶