【重要なお知らせ】2018年8月1日よりFXの損益評価額の計算方法を変更いたします

平素よりサクソバンク証券をご愛顧いただき誠にありがとうございます。
現在、純資産額の算出(※1)におけるFXスポットとFXフォワードの損益評価額は買値と売値の中値を基に計算しております。しかし、8月1日から買い建玉の損益評価額は買値を基に計算され、売り建玉の損益評価額は売値を基に計算をされます。(参考画像①)

例:TRYJPYのレートが20.00(売値)/ 22.00(買値)で、買い建玉を保有していた場合

■現在
純資産額の算出における建玉の損益評価額は21.00(中値)で計算

■8月1以降
純資産額の算出における建玉の損益評価額は22.00(買値)で計算

※建玉管理画面にある建玉の損益評価額は変更されず、
20.00(売値)で計算されます。(参考画像②)

今回の変更目的は、たとえば経済指標の発表時や取引の開始/終了時に流動性が低くなったことによりスプレッドが大きく開いた際、お客様の建玉が強制決済されるリスクを減らすことでございます。
急な変更ではございますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

※1純資産額の算出方法
純資産額=口座残高-(保有建玉の損益評価額+オプションやETF等の時価評価額)

参考画像①
下記赤枠の「純資産」の計算方法が変更となります。

 

参考画像②
下記赤枠の「損益(USD)」の計算方法は変更されません。






以上、ご不明な点などにつきましては、末尾記載の連絡先までお気軽にお問合せください。 
今後とも当社をご贔屓いただければ誠に幸甚に存じます。

サクソバンク証券株式会社