サクソバンク証券のインターバンク直結型FX

売買頻度の高いアクティブトレーダー向け、業界最狭水準のスプレッドをインターバンク直結のサービスでご提供しています。


プロトレーダーから支持される理由

DMA・価格は常に市場の最良水準

インターバンク市場の参加者である銀行やノンバンクと呼ばれるリクイディティプロバイダーから提示される価格から最良価格を生成してお客様に直接提示しています。 

選べる手数料

DMAサービスではスプレッドに手数料が含まれていないため、取引のつど外付け手数料が課金されます。大口注文やアクティブな取引を行なう方に最適のプランです 

月曜早朝3時*からの取引

日本国内では月曜早朝7時からの取引開始が一般的ですが、当社では月曜早朝3時*からお取引いただくことができます。週末の突発的なニュースをいち早く収益機会とすることができます。

*豪夏時間採用時

UBS

UBSとサクソバンクは10年以上にわたり信頼に裏打ちされたパートナーシップを築いてきました。このパートナーシップはお互いのビジネスモデルを深く理解することで発展し、サクソバンクは当行にとって最も透明性の高い顧客の一社であり続けています。高品質のリクイディティを提供するための両社の努力がこの長期のパートナーシップを支えているのだと思います。 FX Eトレーディング部門 グローバル責任者 クリストファー・パルブス

UBSとサクソバンクは10年以上にわたり信頼に裏打ちされたパートナーシップを築いてきました。このパートナーシップはお互いのビジネスモデルを深く理解することで発展し、サクソバンクは当行にとって最も透明性の高い顧客の一社であり続けています。高品質のリクイディティを提供するための両社の努力がこの長期のパートナーシップを支えているのだと思います。 FX Eトレーディング部門 グローバル責任者 クリストファー・パルブス

モルガンスタンレー

当行にとってサクソバンクは最重要パートナーの一社です。長期間にわたるパートナーシップはリクイディティを最適化するために双方が協力してきた証であり、プライス生成に関連する意思決定を行う際は、サクソバンクから重要な提言を受けてきました。 フィックストインカム&コモディティ部門 エグゼクティブディレクター ガイ・ホプキンス

当行にとってサクソバンクは最重要パートナーの一社です。長期間にわたるパートナーシップはリクイディティを最適化するために双方が協力してきた証であり、プライス生成に関連する意思決定を行う際は、サクソバンクから重要な提言を受けてきました。 フィックストインカム&コモディティ部門 エグゼクティブディレクター ガイ・ホプキンス


サービスの特徴・詳細

当社のFXサービスではインターバンク市場の参加者である銀行やノンバンクと呼ばれるリクイディティプロバイダーから提示される価格から最良価格を生成してお客様に直接提示します。ダイナミックに変化するインターバンク市場と直接お取引いただけるこの仕組みを、当社ではダイレクト・マーケット・アクセス(DMA)と呼んでいます。DMAサービスでは、サービス提供者(当社およびサクソバンク)とプライス提供者(リクイディティプロバイダー各社)が異なるため、プライスの透明性が高いサービスであると言えます。

【リクイディティプロバイダー 一覧】
銀行:ドイツ、シティバンク、バークレイズ、モルガンスタンレー、JPモルガン、野村、ゴールドマンサックス、クレディスイス、UBS、BNP、HSBC、RBS、コメルツ、ANZ、RBC、ステートストリート等
ノンバンク:XTXマーケッツ、シタデル、ヴァーチュ等

DMAサービスではスプレッドに手数料が含まれていないため、取引のつど外付け手数料が課金されます。手数料は取引数量(注文数量と約定価格を掛け合わせたもの)と一定の料率を掛け合わせた金額が口座に課金されますので、大口注文やアクティブな取引を行なう方に最適のプランです。

取引金額に一定の料率を掛けて求めた手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。料率は以下の通りステージ別に設定されています。取引手数料に用いる料率は「ステージ」と呼ばれる区分けで管理されており、お客様のお申し出により変更することができます。また、ステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が標準金額に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。 

ミニマムチャージの設定はありません。 

※原則手数料の変更は月初のみとさせていただきます。

ステージ手数料 月間標準金額
 10.003%  0円 (なし)
 2 0.002% 6万円
 3 0.001% 20万円


サクソバンクはデンマークのコペンハーゲンに本社を置き、約20カ国にグループの拠点を設けています。これは現地で高い品質のサービスを提供したいという強いこだわりがあるからです。このグローバルネットワークを基盤として180カ国以上でサービスを展開しています。アジアパシフィック地域では東京、シンガポール、香港、上海、シドニーにオフィスを構えて、現地のお客様のニーズをくみ取っています。

そのため、日本国内では月曜早朝7時からの取引開始が一般的ですが、当社ではシドニーオープンと呼ばれる月曜早朝3時(シドニー標準時4時)からお取引いただくことができます。

週末の突発的なニュースをいち早く収益機会とすることができます。

成行
注文価格を指定せずに市場の実勢価格で約定させます。注文依頼が執行サーバーまで到着するまでの市場価格の変動や流動性の変化によりスリッページが発生することがあります。このスリッページは顧客にとって有利な場合も不利な場合もあります。 
リミットIOC
クリックしたタイミングで一瞬だけ有効な指値注文が発注されます。注文時に「最大スリッページ」を設定して注文することで、不利なスリッページの発生をコントロールすることができます。不利なスリッページが最大スリッページに指定した値以内であれば注文を約定させ、指定した値を超えた場合は注文がキャンセルされます。最大スリッページは「ゼロ(スリッページなし)」を指定することも可能ですが、その分だけ約定拒否の確立が高まります。なお、お客様にとって有利なスリッページは最大スリッページの値に関係なく、お客様の約定価格として還元されます。リミットIOCの「IOC」はImmediate Or Cancelの略称です。即時に約定しなければキャンセルする、という性質を持っています。また、部分約定を許可するという特徴もあります。そのため、この注文タイプを利用した場合、指標発表後など薄商いのときは注文数量よりも少ない数量で約定する可能性があります。 
指値
 顧客が注文を発注するとオーダーマネジメントシステムで注文が管理されます。実勢価格が指値に到達すると、執行サーバーに発注されます。約定すれば指値価格で約定し、約定しない場合はオーダーマネジメントシステムに再登録され、実勢価格が到達するのを待つことになります。部分約定となった場合は、残りの数量分の注文として管理されます。
逆指値
オーダーマネジメントシステムで管理され、実勢価格が逆指値で指定した価格に到達すると成行として発注され、約定します。
ストップリミット
逆指値の一種ですが、指定した価格に到達すると成行ではなく、指値として発注される点が異なります。発注した数量が約定しない場合は(部分約定も含む)、指値注文としてオーダーマネジメントシステムで再度管理されることとなります。約定価格は指定した価格、またはそれよりも良い価格で約定します。
トレイリングストップ
 逆指値の一種で、実勢価格に連動して事前に設定した条件で注文価格が更新される注文タイプです。
イフダン、OCOなどの関連注文
 新規注文を異なる2つの注文価格で発注したり、新規注文と決済注文を同時に発注するなどの条件を付帯した注文方法です。

サービスについてご質問などございませんか?

お客様からいただいたよくある質問&お問い合わせ(FAQ)の内容をサポートページでご紹介しています。
もし回答が見つからない場合は、当社までお電話又はメールにてお気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちらから▶