米国中間選挙の結果概要

   

11月6日に投開票が行われた米中間選挙では、市場の予想通り、上院は共和党が勝利し、下院は民主党が10年ぶりに多数派を奪還する結果となった。結果、2019年1月に招集される第116議会は、2年ぶりの「ねじれ議会」となる。注目された州知事選は民主党が躍進して、ほぼ拮抗状態となった。

続きはこちら ▶



10月に入り、サウジアラビア記者殺害、原油在庫増、サウジアラビアの増産および原油需要の低下懸念を背景に WTI原油価格が下落しています。ここからは60ドルをサポートとして切り返すのか 割り込んでさらに下落するのか目が離せません。77ドル手前から20%以上下落していることを考慮に入れるとここからは 少しリバウンドが見られるかも知れません。当社では原油CFD取引(コード:OILUS)が最低25バレル、証拠金約9,000円から取引することができ、 レバレッジ(20倍)をかけて買うことも、空売りから入ることも可能です。


【WTI原油CFD つなぎ足 日足】


【マクロウォッチリスト】




田代岳 【FXオプションを使ったトレード戦略】

田代岳

イベント前のオプション市場について

今週のイベントは、なんといっても米国中間選挙です。一般的な分析では、上院は共和党、下院は民主党が過半数の議席をとり、いわゆるねじれ状態になるという予想が多数派ですが、選挙後の市場の反応は予測できません。

● 超短期のオプションではボラティリティが上昇
● ボラティリティの期間構造
続きはこちら ▶


成田博之【需給動向と相関が語る世界】

成田博之

11月6日に投開票が行われた米中間選挙では、上院は共和党が多数派を維持する一方、下院は野党民主党が8年ぶりに過半数を奪還し、上下院で「ねじれ」が生じました。これにより、トランプ大統領による新たな景気刺激策の実現が困難となり、米連邦準備制度理事会(FRB)による利上げペースが幾分抑えられるのではないかとの思惑が浮上して、金利を生まない資産である金や銀には支援材料となった模様です。

今週のピックアップ銘柄:
● 銀(シルバー)
● COTレポート分析:金と銀の違い
● 環境問題を引き起こしているトランプ政権
続きはこちら ▶


山中康司【テクニカル分析に強くなるオートチャーティスト】

山中康司


先週のストラテジは選択肢が少なかったため、3つともマイナーな外貨クロスとなりました。自動でストラテジを提案するタイプのツールでは、時に思ったようなピックアップが無いこともありますが、それはそれで普段は見ることの無い通貨ペアを見るチャンスと捉えて見るとFXに対する興味も広がります。それでは順に結果を見ていきましょう。

● 今週のピックアップ
(1)EURGBPの売り
(2)AUDCHFの買い
(3)NZDCADの買い
続きはこちら ▶