{{ "2018-06-22 07:36:00Z" | moment:{inputFormat: 'YYYY-MM-DD HH:mm:ssZ', showAsRelative: false, outputFormat: 'YYYY[年]MM[月]DD[日] [(]dddd[)] HH:mm'} }}

【マーケットニュース】トランプ劇場再来か

今週は先週に引き続き米トランプ大統領の動向に注目が集まった一週間でした。先週金曜日にトランプ米大統領が、中国からの総額500億ドルに上る知的財産権およびハイテクに関連する製品に対して25%の輸入関税をかけると明らかにしました。それに対し中国も同等規模の措置を導入するとしたことで貿易戦争激化の様相が出たため、米株・NY金が大きく値を落としました。 
続きはこちら ▶

▶ ネットフリックス(NFLX:xnas)は大台の400ドルを突破!

米オンライン動画配信サービスのネットフリックス(NFLX:xnas)は現地時間20日に上場来高値を更新、大台の400ドルを突破しました。 ゴールドマン・サックスが目標株価をそれまでで最高の490ドルに設定したのに続き、別のアナリストも目標株価を500ドルに引き上げたことが材料視されたようです。 当社ではCFD取引で米国株が1株(最低取引額50ドル以上)からお取引いただくことができ多くの銘柄では売りから入ることもできます。  

【ネットフリックス(NFLX:xnas)日足チャート】

 

 

▶ 米中貿易摩擦の懸念の中、大豆価格は引き続き下落。

トランプ米政権による対中制裁関税を受け、中国政府も大豆など農産品に高関税をかける報復措置を発表しました。 そのため米国内の大豆の供給が飽和するとの見方が広がり大豆先物CFD7月限は続落し840セント台まで下落しました。その後は少し値を戻しており、今後の展開に注目が集まります。 当社では大豆先物CFD7月限を最大レバレッジ20倍で約1万円から取引いただくことができます。  

【大豆先物CFDつなぎ足 日足チャート)】


マクロウォッチリスト



田代岳 【欧州の視点で読み解くマーケット】

田代岳

イングランド銀行の利上げ期待の高まりでポンドは底打ちか? ワールドカップも日本が1勝をあげたことで盛り上がってきましたが、昨晩はスイス、ノルウェー、英国、メキシコとノルウェー以外はワールドカップの参加国の政策金利発表があり、マーケットは盛り上がりました。 そして金融政策発表を受けてこれらの通貨の上昇が目立ちました。

●サクソバンクグループのポンドのポジション状況
●ポンドドル日足チャート

続きはこちら ▶


成田博之【需給動向と相関が語る世界】

成田博之

先週、金価格は横ばい状態から上昇にブレイクしていくとみていましたが、実際は安値を更新して下げてきました。

● 先週のレビュー:スポットゴールド(XAUUSD)
● 今後のスポット・ゴールド(XAUUSD)
● バリュエーションモデル
● 金銀レシオ  

続きはこちら ▶

山中康司 【テクニカル分析に強くなるオートチャーティスト】

山中康司

今週は選択肢がなんと3通貨ペア!3つとも65%以上の確率という点は不幸中の幸いですが、60%に下げても選択肢は増えませんでしたし、それよりも下げたくはないため、今週は現在も有効な65%以上でピックアップされた全3通貨ペアで行きます。それでは見て行きましょう。

<今週のピックアップ銘柄>
● AUDNZDの買い
● GBPNOKの売り
● GBPUSDの買い

続きはこちら ▶


【お知らせ】ラジオ番組「トレーディングフロア」動画配信中!

ラジオNIKKEIの番組公式ページはこちら ▶
過去動画はパンローリングチャネルからご覧いただけます。

取引ツールログインは こちら▶

サクソバンク証券のFXページは こちら ▶


サクソバンク証券のCFDページは こちら ▶

サクソバンク証券公式Twitterアカウントはこちら▶

 


以上、ご不明な点などにつきましては、末尾記載の連絡先までお気軽にお問合せください。
今後とも当社をご贔屓いただければ誠に幸甚に存じます。

サクソバンク証券株式会社