トランプ大統領、米株買い推奨

トランプ大統領、米株買い推奨

トランプ米大統領は25日、ホワイトハウスで記者団に発言。下落傾向が強まっている最近の米国株について、「米国には世界で最も偉大な企業があり、記録的な好業績だ。米国には世界でも有数の優れた企業があり、こうした企業は非常によくやっている。今は非常に大きな(米国株の)買い時だと思う。まさに素晴らしい買いの好機だ」と述べ、米経済の先行きに自信を示した。

続きはこちら ▶


荒れ狂う市場の中で投資家が忘れているのは

年末で売買が薄いなか、26日の米国株式市場はコンピューターのアルゴリズム(自動計算)による買いなども入り、NYダウは1086ドル高と過去最高の上げ幅を記録した。米中貿易摩擦への懸念はあるが、前日上昇の反動で27日は売りが広がり、午後にはダウ平均は600ドル超下げる場面があった。 日中はおおむねマイナス圏で推移していたものの、取引終了近くになり年金資金流入観測もありプラスに転じた。

年末特有の薄商いで相場変動が大きくなりやすくなっていた。米国株式市場では、年金資金流入以外でムーディーズ・アナリティクスのディレクターである、ライアン・スイート氏が、 「荒れ狂う市場の中で投資家が忘れているのは、経済が依然として堅調であることだ」とのレポートを出したのが話題をよんだ。

ムーディーズは、現在の景気サイクルをサイクル半ばと見ており、来年リセッションリスクが若干残る程度で、防衛は可能だと踏んでいる。

【マクロウォッチリスト】


田代岳 【FXオプションを使ったトレード戦略】

田代岳

今のオプション市場にみる将来のリスク


インターバンクと個人の違い

まず、ごく簡単ですがインターバンクのトレーダーと個人の違いを認識しましょう。インターバンクのトレーダーでもいろいろとありますが、ここでは主に個人のデイトレーダーと同じようにデスクに張り付いて市場を常にウォッチしながら取引をするマーケットメーカーと個人の違いを説明します。

続きはこちら ▶


山中康司【テクニカル分析に強くなるオートチャーティスト】

山中康司


先週は選択肢が少なくいつもの4時間足から2つ、日足で比較的短期に勝負がつきそうなものと1つピックアップしました。結果を見てみましょう。

● 今週のピックアップ
(1)ZARJPYの売り
(2)GER30.iの売り
(3)USDCHFの買い

続きはこちら ▶