金融用語 - M~P

金融用語は、FX、マネー、株式、コモディティ、債券市場で使用される用語や概念の定義に簡単にアクセスできるように作成されました。

M

証拠金

投資ポジションに必要な株式 (担保) の額で、現在評価額のパーセンテージで表されます。

証拠金で取引する場合 (いわゆる「レバレッジ」または「ギアリング」)、預託する必要があるのは投資した商品の現在の評価額の一部のみです。
 
たとえば、取引中のるコモディティで5%の証拠金が必要な場合は、投資に20倍のギアリング (またはレバレッジ) をかけることができます。言い換えると、1万米ドルの預託で20万米ドルのポジションを取ることができます。

追証

許容稼働証拠金を超えた場合は、その状況を改善するために追証を要求されます。

強制的なポジションの手仕舞い (ストップアウト) を回避するには、ポジションを手仕舞うか、オープンポジションを減らすか、ポジションをカバーするために追加の資金を差し入れる必要があります。

証拠金預託

トレーダーが証拠金口座に差し入れなければならない資金で、トレーダーが保有している証券の現在の市場評価額のパーセンテージで表されます。

オプションの売り手は、オプションのプレミアム以外にも追加の資金を口座に差し入れて、オプションのポジションに反する市場の動きによって生じる可能性のある損失に対して保護する必要があります。

必要となる証拠金は、オプションのタイプと売り手が原資産のポジションを持っているかどうかによって異なります。

サクソバンクでの取引条件の詳細については、クライアントステーションの口座概要に移動し、口座概要の右上にある取引条件のセクションを開いてください。

証拠金の使用比率

使用可能な証拠金のうちの使用している証拠金の比率。

マーケットメーカー

トレーダーが売買したいときにいつでも特定の証券の取引に応じる認定機関または個人です。常時売買に応じるマーケットメーカーのインセンティブは、売り呼び値と買い呼び値間のスプレッドまたは差額です。

成行注文

市場の成行価格でできるだけ早く指定の商品を売買する注文。

仲値

売り呼び値と買い呼び値の中間の価格。売り呼び値が1.4426で買い呼び値が1.4430の場合、仲値は1.4428となります。

モジュール

オープン注文モジュール、チャートモジュールのようなプラットフォームの機能コンポーネントで、メニューバーから開きます。

移動平均収束/乖離 (MACD) テクニカル分析

トレンドインジケーターによるチャート分析で、2つの移動平均 (通常12日と26日) の間の関係を分析します。さらに、MACDラインの9日平均もコントロールラインまたはシグナルラインとしてプロットされます。MACDと共に、シグナルラインが売りまたは買いの機会を示します。

N

ネットエクスポージャー

ネットエクスポージャーは、現在のポジションを口座の基準通貨に換算した場合の名目評価額の合計です。

FXでは、現在のすべてのFXポジションの合計評価額を口座の基準通貨に換算したものになります。

非証拠金ポジション

必要証拠金の担保として保有されている証券 (株式、債券など) の現在の市場評価額。市場評価額は買い呼び値を使用して計算されます。

委託証拠金として使用不可

委託証拠金として使えない現在の投資の割合。このラインは、委託証拠金として使えない金額を示します。

O

売り呼び値

指定した商品を買うことのできる価格。

FX取引では、ペアとなる通貨を売ることで、取引/基準通貨 (最初に提示) を買うことができる価格です。

たとえば、EURUSD 100,000を買った場合、米ドルに対して100,000ユーロを買ったことになります。

ワン・キャンセル・ジ・アザー (O.C.O.) 注文

ワン・キャンセル・ジ・アザー注文は、2つの注文で構成されています。市場状況が満たされたため1つの注文が執行されると、関連する注文が自動的にキャンセルされます。

オープンポジション

相殺されていない通貨ポジション。

たとえば、USDJPY 100,000を買った場合、USDJPY 100,000を売って相殺するまでUSDJPYのオープンポジションを持つことになります。

オプション

オプションは買い手 (保有者) に対して、原資産を一定の期間に指定した価格 (行使価格) で買う (コールオプション) または売る (プットオプション) 権利を付与します。義務は発生しません。

注文

指定した商品を買うまたは売るための取引注文。指値注文または逆指値注文が主なタイプとなります。

注文の期間

注文が有効な期間。詳細については、当日限り注文 (DO) と取り消しまで有効注文 (GTC) を参照してください。

その他の担保

オンラインで取引できない商品。たとえば、他の銀行から移管された債券およびその他のポジションです。

アウト・オブ・ザ・マネー

コールオプションは、原資産の市場価格がオプションの行使価格を下回っている場合、アウト・オブ・ザ・マネーとなります。プットオプションは、オプションの行使価格が原資産の市場価格よりも低い場合、アウト・オブ・ザ・マネーとなります。

アウトストライク

たとえば、オプションの期間中に特定の価格水準に到達すると、即座にそのオプションが無効になります。

オーバー・ザ・カウンター (OTC)

取引所を通さずに、双方の関係者間の交渉で行われる取引。

たとえば、取引所で取引されていない証券はOTC銘柄と呼ばれます。コモディティや商品が2つの当事者間、たとえば投資銀行と顧客間で直接取引される市場です。

これは、公開された市場である取引所で行われる取引とは異なります。

取引所で取引される標準化されたコントラクトとは異なり、オーバー・ザ・カウンター商品は個別の顧客に合わせてカスタマイズ可能です。

FXやFXオプションのような、大規模なオーバー・ザ・カウンター市場が拡大しています。

P

ピップ

ピップ (PIP) は「Percentage in Point」の略で、FXのクロス価格変化の最小の増分です。

ほとんどの通貨ペアでは小数点4桁で表されます。通貨ペアにおける1.1850から1.1851への動きは1ピップとなります。

特定のポジションでは、上記の公式を使用して1ピップを計算できます。

たとえば、EUR/USDは小数点4桁で提示されます。したがって、所定のポジション金額に1ピップの価値または0.0001米ドルをかけます。

EUR/USD 100,000のコントラクトでは、1ピップは10米ドルに相当します。USD/JPY 100,000のコントラクトでは、小数点2桁 (1ピップ= 0.01日本円) で提示されるため、1ピップは1000日本円となります。

ポートフォリオ

投資ポートフォリオは、会社の株式、債券、またはマネーマーケット商品などのすべての保有金融商品です。

投資ポートフォリオでは、リスクを最小化するために、比較的相関性がないか無相関の投資を行う必要があります。ブローカーや投資アドバイザーは、「1つのかごにすべての玉子を入れない」ように警告します。

ポジション

商品への投資です。

たとえば、USDJPYを取引すると (たとえば買う)、USDJPYのポジションを取ったことになります。

その後USDJPYで反対の取引を執行すると (この場合は売り)、ポジションを手仕舞ったことになります。

ポジションは、トレーダーの現金/証券/通貨の残高を表す場合もあります。現金をショートする、現金を貸し出す、通貨の買われすぎ/売られすぎなどがあります。

転記日

取引が口座の貸方または借方に転記された日付です。

プレミアム

売りと買いの注文が一致して市場に出されるオプションの価格です。

株価収益率

株価収益率は、株価を1株あたりの利益で割ったものです。

プライマリー注文

3ウェイ注文またはイフダン付随注文のプライマリー注文です。関連 (セカンダリー) 注文は、この注文が執行されるまで有効な成行注文とはなりません。

利食い

ポジションを手仕舞って利益を確定することです。通常は、指値注文を使用してポジションを手仕舞い、市場が指定された水準を超えると自動的に利益が確定されます。

プロキシ

プロキシは、コンピューターとインターネットの仲介として機能するデバイスです。

プロキシには多くの場合キャッシュが内蔵されており、ウェブサーフィンを高速化します。また、セキュリティの目的でウェブコンテンツのフィルタリングを行うことも可能です。

プット

買い手に対して、合意した行使価格で原資産を売る権利を付与するオプションコントラクトです。プットでは、売り手には価格が不利になった場合に、合意した行使価格で原資産を買う義務が生じます。

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X  および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。