Can the cannabis industry turn growth into profits?

Thought Starters 5 minutes to read

Saxo Group

Summary:  Find out more about the current state of the marijuana industry, the trading opportunities it presents and how you can gain exposure to it with Saxo.


High growth sparks opportunities
The cannabis industry offers great growth opportunities over the next five years – but they come with great risk. 

The industry is bleeding on free cash flow generation, elevating the risks of refinancing its growth and operations. Recreational use is expected to become the main growth driver, but that comes with additional regulatory risks as cannabis was initially earmarked for medical use. The industry has also struggled in 2019 as market fundamentals have weakened, causing stocks to decline and bringing the possibility of bankruptcies sharply into view.

The key focus in 2020 will be whether the industry can show a path towards profitable growth.

All smoke and no fire?
As of January 2020, the publicly listed Cannabis industry, measured by the S&P/MX International Cannabis Index, had a combined market value $27.6bn, with the five largest companies being Canopy Growth, GW Pharmaceuticals, Cronos Group, Arena Pharmaceuticals and Aurora Cannabis. The index comprises 22 companies with a combined revenue in the last 12 months of $2.5bn – although this is largely concentrated among a few companies. 

The industry’s biggest issue is the lack of profitability amid the high growth – the index’s 12 month free cash flow shows a combined loss of $3.2bn. Consensus is expecting goodwill impairments to accelerate in Q4 as past acquisition values no longer add up with the weak market fundamentals seen in Canada during the second half. Some companies have goodwill-to-assets ratios of more than 50%, and a few more stand at around 20%, making the industry vulnerable from a balance-sheet perspective.

Bankruptcy concerns over some companies combined with large negative free cash flow means that the industry has a large, recurring refinancing issue. With the industry’s shares down 55% since September 2018, financing from traditional banks is drying up, which will leave shareholders to carry the burden of increasing the equity finance. The stock slide since also highlights the high-risk nature of the industry despite its fast growing revenues.

Recreational use to fan the flames
The cannabis industry’s historical growth rate has been high and this is expected to continue in 2020. Canada’s legal cannabis market is set to increase by 50% to around $1.7bn*, driven by more retail stores carrying marijuana products, including edibles, beverages and vaping devices. The biggest growth driver in the coming years is likely to be recreational use rather than medical use, but this will have to battle against the increased risk of consumer regulation.

Still, here at Saxo we expect growth rates to remain high for the years to come based on the projections from Bloomberg Intelligence and restructurings to accelerate the weeding out of weak companies in the industry. There will be more pain before the industry consolidates into bigger players with operational moats that can improve operating margins. Regulation has so far been a friend for the industry but over the years this could change as recreational marijuana use increases. Our view on the industry is that it will be volatile for years.

* According to Kenneth Shea, senior analyst (Food & Beverage) for Bloomberg Intelligence

Growth rolled up in volatility and risk
Since the cannabis index’s launch in September 2018 it has had annualised volatility of 45.6%, which is three times that of the S&P 500 at 15.1%. The correlation to the S&P 500 is only 0.11, showing that the industry is not driven by general macro factors but many idiosyncratic risk factors. It also highlights the appeal of Saxo’s new cannabis index futures, as the S&P 500 or any other equity index would be an inadequate hedging instrument.

The idiosyncratic risk factors facing the cannabis industry include the high debt levels of some companies and new regulations arising from an increase in recreational use. Also, goodwill impairment and very high equity valuations cause sharp declines in share prices during earnings releases, which helps to explain the high levels of volatility that make long-term investing difficult.

Trade Cannabis volatility with Saxo
To complement Saxo´s existing cannabis-related product offering, we recently launched S&P/MX International Cannabis Index Futures (SMJ). This means you can now get exposure to the major global cannabis index with a multiplier of 50. Not only will this enable you to hedge against potential losses and enhance your risk management, but more importantly it will also provide you with an efficient way to short the entire industry.

Source: Saxo Bank
You can trade a range of other cannabis-related instruments with Saxo, including equities, equity options, ETFs and single stock CFDs. By trading the latter, you´re able to go long or short, enabling you to capitalise on an individual cannabis stock’s volatility regardless of market conditions. And because you trade CFDs on leverage, your upside-potential is significantly increased – although the potential for loss is also greater. 

For reference, GW Pharmaceuticals (GWPH:xnas) makes up 13% of the total S&P/MX International Cannabis Index market cap, and you can trade it as a CFD via SaxoTraderGO with an initial margin rate of 20%.

Trading in financial instruments carries various risks. This also applies to futures and CFDs, where the total loss you may incur may exceed  the initial amount invested.
Get exposure to the cannabis industry
Open an account with Saxo to capitalise on trading opportunities in the high-growth marijuana industry.
Share

【ご留意事項】

■本資料は、情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■本資料は、作成時点において執筆者が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者はその正確性、完全性等を保証するものではありません。本資料の利用により生じた損害について、執筆者は責任を負いません。
■本資料で示される意見は執筆者によるものであり、サクソバンク証券株式会社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。本資料に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。
■本資料の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。

サクソバンク証券株式会社
お電話またはお問い合わせフォームにて受け付けております。また、お客様の疑問に迅速にお答えできるよう、よくある質問ページを用意しておりますのでご利用ください。

日本

【重要事項及びリスク開示】

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1:0.003%、ステージ2:0.002%、ステージ3:0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2:6万円、ステージ3:20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の有価証券関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■この「重要事項及びリスク開示」の詳細については、契約締結前交付書面の一つである「取引説明書」でご確認ください。

 

 




金融庁日本証券業協会金融先物取引業協会証券取引等監視委員会/情報受付

反社会的勢力に対する基本方針顧客本位業務運営方針

サクソバンク証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会