Market Quick Take - March 18, 2020

マクロ 3 minutes to read

Steen Jakobsen

チーフエコノミスト兼CIO

Summary:  Markets staged a solid rally yesterday in the US as the Fed policy response to the unfolding crisis has reached a furious pace as another half-trillion USD repo was announced together with the restart of a 2008-era commercial paper purchase facility. The Trump administration was out floating a large stimulus package of USD 1.2 trillion. Overnight, equities erased more than half of yesterday's gains.


What is our trading focus?

  • The stock markets…
  • 10YBTPJUN20 (Italian 10-year government bonds) – with Germans warming up to joint debt issuance in Europe there will most likely be focus on European government bonds
  • USDJPY – USD strength continues due to USD funding issues and safe-haven dynamics
  • Long volatility (VOOL:xetr) – VIX futures term structure continue to signal stress and tailwind for long volatility positions with the spot at 76 and the May VIX futures contract at 53.
  • ETF on 20+ US Treasuries (TLT:xnas) – Helicopter money is driving long rates higher with the biggest move in US 30-year yield yesterday since 1982.
  • Delta Air Lines (DAL:xnys), Deutsche Lufthansa (LHA:xetr) – potential bailouts in the US and Europe combined with the EU’s decision to close its external borders will move this industry.
  • HG Copper (HGK0) drops to 2016 low as it becomes the commodity hedge against global recession, but virus outbreak likely to cut production while fiscal spending could trigger a pickup in demand. 

What is going on?

S&P 500 (cash index) rallied 6% as the Trump administration moved closer to “helicopter money” by promising “checks” to Americans within two weeks and a total package of stimulus of as much as $1.2trn (5-6% of US GDP). Read Christopher Dembik’s research note It’s time for free money for background. The idea immediately moved US 30Y yields higher ending the session 40 bps higher at 1.69% - the biggest selloff in T-bonds since 1982. US 10Y/2Y yield also climbed to 45 bps extending the steepening that started early last week.

Overnight, US equity futures slumped limit down (-5% from the close of the cash index)

US 10-year breakeven rates are breaking down to 0.69% from 1.78% in the beginning. These are the lowest levels since the Great Financial Crisis in 2008.

UK Chancellor Rishi Sunak has announced a £330bn emergency rescue package for UK business, saying the UK government will do “whatever it takes” to protect companies and incomes on a huge scale.

Link: USD funding article

Angela Merkel says she is open to consider joint debt issuance in Europe as proposed by the Italian PM Giuseppe Conte. This would be a transformational step in the European Union and something that has longed been proposed to strengthen the euro area. The Dutch PM Mark Rutte expressed more concerns regarding joint debt issuance. Spain announced up to EUR 200 billion in support to economy

The Fed is restarting a commercial paper (CP) programme with parallels to the 2008 crisis as CP yields have soared highlighting recent monetary policy moves inadequate to address real funding issues for companies rolling daily credit lines in the commercial paper market. Another facility for primary dealers versus

The VIX closed at 76 with the VIX futures contract expiring in May (2nd contract) rising during the session as long volatility continues to pay off with the VIX futures term structure in backwardation.

ZEW Survey Expectations for March plunged from 8.7 in February to -49.5 in March compared to -30 expected reaching levels not seen since late 2011 during the height of the euro crisis. The levels have historically been consistent with negative GDP growth q/q.

The EU is closing its external borders for 30 days for all non-Europeans. This will obviously increase the economic damage to the airline, leisure and tourism industries.

IATA says that airline industry will need $200bn to survive the current demand shock and that most major carriers will run out of cash within two months.

Our ‘Bounce back basket’ is down 11% since March 9 with the two biggest decliners being ConocoPhillips as oil prices continue to be under pressure and CTS Eventim operating an online booking system for tickets to events.


What we are watching next?

USDJPY – does it hold the 108.00 line? This is a key technical area for the currency pair and Japan is heading into the final two weeks of its financial year (end Mar 31), with several past examples of major trend changes in the March/April time frame for USDJPY. We are also watching EURUSD, USDCAD and AUDUSD as the USD continues to strengthen.

Gold putting up a strong fight against the latest collapse in forward inflation expectations. As a result the 10-year real-yield (a key guide for gold) has jumped from -0.55% on March 6 to the current +0.31%. We question these inflation expectations and maintain a positive outlook.

Bonds – At this point, the spike in long yields can be called volatility, but another day like yesterday could bring forward yield-curve-control

Calendar (times GMT)

  • 1230 – US Housing Starts (Feb) – again too early to show COVID-19 impact
  • US FOMC Meeting (cancelled)
Share

【ご留意事項】

■本資料は、情報提供のみを目的としたものであり、特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
■本資料は、作成時点において執筆者が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、執筆者はその正確性、完全性等を保証するものではありません。本資料の利用により生じた損害について、執筆者は責任を負いません。
■本資料で示される意見は執筆者によるものであり、サクソバンク証券株式会社の考えを反映するものではありません。また、これら意見はあくまでも参考として申し述べたものであり、推奨を意味せず、また、いずれの記述も将来の傾向、数値、投資成果等を示唆もしくは保証するものではありません。本資料に記載の情報は作成時点のものであり、予告なしに変更することがあります。
■本資料の全部か一部かを問わず、無断での転用、複製、再配信、ウェブサイトへの投稿や掲載等を行うことはできません。

サクソバンク証券株式会社
お電話またはお問い合わせフォームにて受け付けております。また、お客様の疑問に迅速にお答えできるよう、よくある質問ページを用意しておりますのでご利用ください。

日本

【重要事項及びリスク開示】

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1:0.003%、ステージ2:0.002%、ステージ3:0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2:6万円、ステージ3:20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の有価証券関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■この「重要事項及びリスク開示」の詳細については、契約締結前交付書面の一つである「取引説明書」でご確認ください。

 

 




金融庁日本証券業協会金融先物取引業協会証券取引等監視委員会/情報受付

反社会的勢力に対する基本方針顧客本位業務運営方針

サクソバンク証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会