2022年サクソバンク大胆予測:革命到来!

サクソバンクは本日、2022年の大胆予測として10項目のトピックスを発表しました。同予測は可能性が低く過小評価されているものの、実現した場合は金融市場全般にわたり劇的な影響が生ずる可能性がある一連のイベントを重点的に取り上げています。

1)化石燃料撤廃計画は暗礁に
2)Facebook、若者離れで苦境にもがく
3)米中間選挙が憲法上の危機に発展
4)米インフレ率、 賃金物価スパイラルで15%を突破
5)EU発表のスーパーファンドは気候、エネルギー、防衛にフォーカス、財源は民間年金資産
6)女性版Reddit Armyが企業の男性優位に挑戦
7)インドが湾岸諸国会議の非議決権メンバーに
8)NFTベースのデジタル権プラットフォームで劣勢に転じるSpotify
9)極超音速技術が宇宙開発競争と新たな冷戦要因に
10)医学の飛躍的進歩で平均余命が25年延長

上記予測はサクソバンクの公式な2022年市場予測ではありませんが、こうした事態が実現する可能性をごく低く見積もりがちな投資家に、リスク分散で判断ミスをおかさないよう警告するものです。大胆予測は、範囲を限定せずに起こりうる事態を広く検討する習慣を身につける練習になります。今回発生した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のような不測の事態を踏まえると、このような予測を行うことはとりわけ重要です。結果的に思いがけない予測ほど、破壊的(したがって大胆)な結果になると実証されることになります。

今年の大胆予測に関して、サクソバンクのスティーン・ヤコブセン 最高投資責任者(CIO)は次のようにコメントしています。

「『2022年大胆予測』のテーマは革命です。
社会と経済的な不平等に対する反発は膨れ上がっており、現行制度でこの問題に対処することがますます困難になっています。今や将来予想される革命に対して、実現の是非でなく、次期と方法を基盤に見据える必要があります。どの革命にも勝者と敗者がいます。ただそれは問題の焦点ではなく、現行制度の変更が不可能であっても不可欠であるなら、進むべき道は革命しか残されていません。
世界中で文化戦争の嵐が吹き荒れる中、社会経済革命が起きるのはもはや必至であり、問題の焦点はいつ、どのように起きるかに移っています。

文化戦争はさまざまな層や要因の対立でもあります。若者vs大人、高学歴のホワイトクラスvs教育水準の低いワーキングクラス、市場論理に則る現実市場vs政府の介入、株式市場での自社株買いvs R&D支出、インフレvsデフレ、女性vs男性、急進左派vs中道左派、ソーシャルメディアでの仮想シグナルvs社会の実質的変化、不労所得層vs労働者、化石燃料vsグリーンエネルギー、ESGイニシアチブvs信頼性の高いエネルギーを世界に供給する必要性、大家vs借り手と、対立要因を数え上げるときりがありません。

世界は2020年から2021年にかけてはCOVID-19ワクチンで団結しました。
エネルギーの限界コスト(生産性調整後)をはるかに低い水準に設定しつつ、環境に対する発電の影響をなくすために、今、世界が必要としているのは新たな「マンハッタン計画」タイプの取り組みです。
それにより史上最も重大な生産性サイクルが顕在化します。海水の脱塩化、幅広い場所での垂直農法の実用化、コンピューター能力の量子状態への飛躍、生物学と物理学における新たな境界の模索といった試みが現実性を帯びるようになります。
実業界と政界のサイクルには必ず期限があるのに対し、ペースの緩急はあっても世界の進化が止まることはありません」

2022年大胆予測はこちらから入手可能です。各予測のダイジェストを以下に掲載します。

1)化石燃料撤廃計画は暗礁に
政策担当者はインフレと社会不安リスクを封じ込めるため、低炭素化への将来の道筋を再設計する中、今後の排出量削減目標を引き下げ、化石燃料への投資を支持します。

2)Facebook、若者離れで苦境にもがく
利益と引き換えに個人情報を利用することに反発して若者のFacebook運営プラットフォーム離れが進行しています。親会社のMetaは若者ユーザーをメタバース(3D仮想空間)に取り込もうと試みていますが、難航しています。

3)米中間選挙が憲法上の危機に発展
米中間選挙は接戦となった上院、下院選挙結果の認定を巡る対立が起こり、第118回議会は2023年早々という当初の予定どおり開催できない状況に陥ります。

4)米インフレ率、 賃金物価スパイラルで15%を突破
2022年第4四半期までに米CPI上昇率は年率15%に到達。意欲的で有能な人材を獲得するため企業が提示給与を引き上げる動きが1970年代以降見られなかったほどの賃金物価スパイラルを引き起こします。

5)EU発表のスーパーファンドは気候、エネルギー、防衛にフォーカス、財源は民間年金資産
EUは新税でなく年金運用資金を財源とする3兆ドルのスーパーファンドをローンチします。ローンチの目的は、ポピュリズムの台頭防止、気候変動ペースの低下活動の推進、米国安全保障範囲の縮小を受けた国境防御にあります。

6)女性版Reddit Armyが企業の男性優位に挑戦
女性トレーダー集団が2020~21年のミーム銘柄Reddit Armyの手法を模倣して、職場での男女平等が進んでいない企業に団結して攻撃を仕掛け、標的企業の株価を乱高下させます。

7)インドが湾岸諸国会議の非議決権メンバーに
脱グローバル化とエネルギー価格の高騰という2つのマイナス要素が組み合わさり、世界は地政学的同盟の大規模な再編成の時期に突入します。

8)NFTベースのデジタル権プラットフォームで劣勢に転じるSpotify
現在のミュージックストリーミングパラダイムでは、レーベルとストリーミングプラットフォームの取り分が配信音楽の視聴収益の75~95%を占めるため、ミュージシャンは変化を待ち望んでいました。2022年に登場したブロックチェーンベースの新技術が、業界収益の正当な分け前をミュージシャンが取り戻す後押しをすることになります。

9)極超音速技術が宇宙開発競争と新たな冷戦要因に
極超音速技術を使った最新のミサイル試験により、核兵器を含む旧式の武器技術の陳腐化に対する不安感が広がります。2022年には極超音速技術に移行する趨勢に乗り遅れないよう、各国の大手軍事企業がこぞって大量開発に乗り出します。

10)医学の飛躍的進歩で平均余命が25年延長
永遠の若さを。それがムリなら、数十年は若返るように。2022年の生体臨床医学領域における重要な飛躍的進歩は、成人の生殖能力期と平均余命が最大25年延長される展望が開けたことです。ただこれは、倫理、環境、財政的な危機の発端となる可能性もあります。

<ご留意事項>当資料の内容は作成時点のものであり、将来予告なく変更することがあります。 当資料は、信頼できると判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。
 
【手数料等およびリスクについて】
サクソバンク証券の取扱商品等のお取引をいただく際には、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等の価格変動等により損失が生じるおそれがあります。外国為替証拠金取引、先物・オプション取引、CFD取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じることがあります。各商品等のお取引にかかる手数料等およびリスクは商品毎に異なります。取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認の上、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。


共有する
1992年に設立されたサクソバンク(Saxo Bank A/S、以下サクソバンク)は、デンマーク金融監督庁の認可を受け、同国コペンハーゲンに本社を置くグローバルオンライン銀行です。ロンドン、アムステルダム、シンガポール、上海、香港、シドニー、東京、パリ、チューリッヒ、ドバイなど、世界中の金融センターに60国籍以上、2,100人以上の従業員がおり、世界180カ国以上の顧客やパートナーにサービスを提供しています。サクソバンクの取引・投資プラットフォームは25カ国語で40,000以上の商品が提供されています。

サクソバンク証券株式会社は2006年に設立され、サクソバンク(Saxo Bank A/S)の100%子会社であり、金融庁の認可を受けたオンライン証券会社です。150種類以上の通貨ペアを提供する外国為替証拠金(FX)、9,000銘柄以上を取り扱うCFD、米国・欧州・中国をはじめとする11,000銘柄以上を取り扱う外国株式など多彩な商品を競争力のある取引手数料で提供しています。より詳しい情報はwww.home.saxo/jpをご覧ください。

第一種金融商品取引業者 登録番号:関東財務局長(金商)第239号
所在地 :〒105-0001  東京都港区虎ノ門1-2-8  虎ノ門琴平タワー22F
加入団体:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Toranomon Kotohira Tower 22F
1-2-8 Toranomon Minato-ku Tokyo 105- 0001
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー 22F

お問い合わせ

国・地域を選択

日本
日本

【重要事項及びリスク開示】

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会