サクソバンクの「2018年大胆予測」(邦訳版)を発表しました

サクソバンクの大胆予測は、実際には起こる可能性は低いものの、現実に起こった場合には、世界市場に多大な影響を及ぼす10大テーマを取り上げたものです。サクソバンクの各分野のエコノミストがさまざまなシナリオを予想し、来年の投資アイデアを練るうえで欠かせない、「想定外を予想する機会」を読者に提供します。

2017年は、起こりえないと言われていたトランプ米大統領就任や英国のEU離脱問題などを受け、ボラティリティの高い年になると多くの人が予想しました。しかしながら、実際には、嵐が少しもない驚くほど順風満帆な年となり、リスク資産の価格が上昇しました。そして2018年はその揺り戻しでボラティリティリスクが大いに高まる年になる可能性があり、真に激動の年となるでしょう

【サクソバンク 2018年大胆予測 10大テーマ】

1. アメリカでは財務省が舵を握りFRBが独立性を喪失
2. 日銀、統制力を失い、イールドカーブコントロール政策の放棄へ
3. 中国が人民元建て原油先物取引を導入
4. 株式市場はフラッシュクラッシュ後にボラティリティが急上昇
5. アメリカ有権者が2018年中間選挙で極左化
6. オーストリア・ハンガリー帝国、EUの乗っ取りを開始
7. 見捨てられるビットコイン
8. アフリカ南部の春により南アフリカが復活
9. TencentがAppleを抑え、時価総額世界トップに
10. 女性の時代―女性が企業内での権力を握る 

サクソバンク予測チームが総力を挙げて作成したこの「大胆予測」により、皆様のインスピレーションを刺激することができれば幸いです。

邦訳版レポートの無料ダウンロードはこちらから▶