コロナに限らず起こりうる相場暴落、チャンスに変える日本株式CFD


相場師朗氏 プロフィール

トレード歴38年以上の株職人。“株匠” を目指している。20歳で株の売買を始めてから20年間、「日本郵船」1銘柄のみの「売り」「買い」に集中、大きな利益を重ねる。その後、宮本武蔵が洞窟に籠もるかの如く、チャートと建玉の研究に没頭する。現在も、チャートと建玉の操作のトレード手法をさらに極めるべく精進を重ねており、日本株、米国株、イタリア指数、イギリス指数、ユーロ指数、金、原油、コーン、FXなど、どの市場でも大きな利益を生み出している

研究発表の場として、投資塾「株塾」を主宰。塾生は増加し続け、今やアジア最大級となる。講演活動にも積極的で、その場は日本のみならず、米国、台湾、イギリス、ドイツ、フランス、シンガポールなどにも広がる。

ラジオNIKKEI「相場師朗の株は技術だ!」でキャスターを務める。
東京証券取引所北浜投資塾講師
日本経済新聞社日経Wアカデミー講師

コロナショック(暴落)が相場のチャンスととらえ動きをとるも、日々危機感をもって流れるニュースに翻弄され、ピンチに陥るトレーダーも多く存在する。勝ち組トレーダーになるにはどうしたらよいのか、また日本株式CFDをチャンスをつかむツールとするには? そのヒントの一端を今回のコロナショックも事前に見越した中で利益をあげたという、トレード歴38年以上、これまで数々起こったショックに左右されず勝ち組であり続け、数多くの塾生を導いている、“株職人”こと相場師朗さんに話を伺った。

伊澤: 相場先生はチャート分析による取引を得意とされています。現在の相場環境をどのようにご覧になっていますか?

相場: コロナ以前も以降も、私の取引手法は何も変わりません。2020年2月にコロナショックが起こりましたが、その半年前にも同様の暴落がありました。移動平均線を見れば、暴落前も暴落後も同じ形になっていることがわかります。今回だけでなく、2015年のチャイナショックも2008年のリーマンショックも同じ動きでした。

伊澤: この期間、注目していた銘柄はありますか?

相場: ずっと追いかけている銘柄のひとつが全日本空輸(ANA)です。同社は3,000億円しかキャッシュがなく、およそ1〜2カ月の営業コストしか賄えない非常事態に陥っています。多くの企業が同様の状態であり、経済の先行きは明るくありません。しかし、株価はある程度下がると上がり、上がると下がってきます。ボラティリティがある分、投資のチャンスだと認識しています。

伊澤: CFDの利点は相場がどのような局面でも買いも売りもできる点にあります。上昇相場だけでなく、下落相場でも利益を上げたい人にマッチすると思います。この先も乱高下があると思いますが、相場先生は値動きをどのように見極めていますか?

相場: 暴落前後は常に同じ値動きを見せてきましたから、私も私の塾生たちも今回の暴落を事前に見越し、利益を上げることができました。ここからは経済復活への期待で上昇、期待が外れて下落というサイクルの繰り返しになるでしょう。次第に以前の値動きに戻っていくと見ています。

伊澤: コロナショック以降の値動きに翻弄されている投資家は多いようですね。

相場: ニュースや指標などのファンダメンタルズに左右される投資家が大多数を占めるからだと思います。例えば、居酒屋チェーンを運営する鳥貴族の株価は全店閉鎖のニュースで急上昇し、再オープン後は下落しています。普通に考えれば閉店は売上が落ちるからネガティブ、開店は売上が上がるからポジティブなのに、株価は逆を行っています。つまり、同じ情報やデータでも、投資家の受け止め方はその時々の状況によって異なるのです。ファンダメンタルズで株価を予測することは非常に難易度が高いと言わざるを得ません。

伊澤: 値動きのみを見て、それについていくのが相場先生の投資手法ですね。

相場: はい。下がれば売り、上がれば買いを入れます。値動きに応じていつでも手軽に売ったり買ったりできるCFDは非常に便利だと思います。不確定な要素を排除し、3年後ではなく、直近の値動きでリターンを得る。それが私の手法であり、CFDの商品性はマッチしますね。

伊澤: 銘柄選びはどのようにされていますか?

相場: 重要なのは値動きがあること。極論を言えば、出来高が大きい銘柄であれば何でもかまいません。ただし、話題になっている銘柄は安定的な動きをしないため、おすすめしません。誰もが知っている有名銘柄で、あまり注目されていないものがいいと思います。

伊澤: おっしゃる通り、株は値動きが大事です。株は買うものと思われがちですが、売りを含めて取引する商品なのだと思います。買うだけでは投資機会は半減します。勝ち組トレーダーと呼ばれる人たちの多くは売りも積極的に行っています。

相場: そうですね。まずはチャートを勉強して「これだ」という手法を見つける。そのうえで、最初は低レバレッジで実践してみてください。成果を上げられる手ごたえをつかんだら、最大レバレッジ5倍というCFDの本領を生かすこともできます。慣れてきたら商品CFDに手を広げるのもいいでしょう。

伊澤: 同じ売り建てができる取引方法としては信用取引があると思いますが、制度信用取引とサクソバンク証券の日本株式CFDの違う点、ご利用をおすすめしたい点としては、いまお話しいただいた最大レバレッジ5倍(制度信用取引は約3倍)という点のほか、日計りを除き取引手数料が無料*、決済期限がない、最低入金額が10万円(制度信用取引は30万円が多い)、追証が発生しない点などがあります。 勝ち組トレーダーへの道として、これまで買うことしかしてこなかった投資家の皆さんにも、おすすめする理由の多いサクソバンクの日本株式CFDで売りにチャレンジしていただきたいですね。



*日計り取引を除く日本株式CFDの取引手数料をキャッシュバック方式で返金することにより取引手数料無料を実施いたします。


【ご留意事項】

  • 当記事の内容は、作成時点において対談者が信頼できると判断した情報やデータ等に基づいていますが、その正確性、完全性等を保証するものではありません。当記事で得た情報の利用により生じた損害について、対談者および当社は責任を負いません。

サクソバンク証券株式会社
Saxo Bank Securities Ltd.
Toranomon Kotohira Tower 22F
1-2-8 Toranomon Minato-ku Tokyo 105- 0001
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-2-8
虎ノ門琴平タワー 22F

お問い合わせ

国・地域を選択

日本
日本

【重要事項及びリスク開示】

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会